Okinawa 2030

「おくなわ」離島ガイドプロジェクトのFacebook勉強会で、多良間島に続いて渡った離島は「渡名喜島」です。沖縄からフェリーで2時間ほどで渡ることができる、人口400人ほどの小さな島です。

Okinawa 2029

那覇にあるフェリー乗り場から向かいます。新しく投入されたフェリーと古いフェリーがあり、新しい方がもちろん速く着きます。

Okinawa 2032

今回、行きは新しいフェリーだったのですが、とてもキレイでした。

Okinawa 2034

那覇を出発したのは8時半です。

Okinawa 2042

ペットと入れる部屋、なんていうのもありましたよ。普通の座席もあれば、広い部屋もあり、思い思いのスタイルで船旅を満喫します。

Okinawa 2039

到着は10時半過ぎで、船の中で作業していたこともあってか、思っていたより早く到着しました。

Okinawa 2038

かわいらしい島ですよね。でも、ハブがいるので草むらは要注意なんです。

Okinawa 2043

離島の海は青いです。

Okinawa 2045

これがターミナルです。

Okinawa 2047

なんと、渡名喜島には電気自動車があるのです! 島内の道は狭いところが多いのですが、このサイズならスイスイです。

Okinawa 2048

要普通免許。今回は予約がいっぱいということで乗れませんでした。ぜひ、渡名喜島に行かれる方は事前の予約をオススメします。

ちなみに、こちらの建物の屋上には、太陽光パネルが設置されてましたよ。エコですね。

Okinawa 2049

ターミナルに併設された「ターミナル食堂」で昼食を頂きました。店内には入り切れず‥‥

Okinawa 2054

特別にテーブルとイスを出して頂いて、海を見ながらの食事に!

Okinawa 2057

いやー、絶景です! 素晴らしい!

Okinawa 2058

食べたのは「ゆし豆腐」の定食です。渡名喜島で作っている、ゆし豆腐ということでしたが、美味でしたよ。ポーク玉子もついてました。今回の旅で、ポーク玉子が大好物になりました。

Okinawa 2055

ちなみに、フェリーの往復は大人が4,520円なので、沖縄で離島に渡りたくなったらオススメです(久米島に行く途中です)。

Okinawa 2051

これが島内の中心部の地図です。端から端まで歩いて行くことができる、コンパクトな島です。

Okinawa 2052

長澤まさみの出演した「群青」という映画がありまして、それは渡名喜島で撮影されたのだそうですよ。

Okinawa 2060

島のあちらこちらに立っている案内板です。エコカーとか自転車のピクトグラムがかわいいですね! グリーンも映えます。

大きくない島なので地図があれば足りる部分がありますが、この案内板があれば、迷うことはありません。思わずカメラを向けたくなるデザインでした。

Okinawa 2061

これは島で唯一の信号です。

Okinawa 2050

これが、渡名喜島の典型的な風景です。道は砂。どうですか。とっても懐かしい感じがしませんか? 沖縄〜♪ ですよね。

旅行者が頭に思い描く、古き良き沖縄が、そのまま残っているなぁ、なんて感じました。

Okinawa 2062

Facebook勉強会の関係で、村役場にもご挨拶に伺いました。

Okinawa 2064

これが渡名喜島の航空写真です。サンゴ礁に囲まれているのが分かります。左上は入砂島です。渡名喜島から近いのですが、米軍の射爆場になっているため、基本的には立入禁止です。

Okinawa 2065

なんだかこう、立っているだけで安心できる、そんな風景です。

Okinawa 2067

島の中心部の村道1号線は、フットライトの通りとしてご存知の方もいるかもしれません。

Okinawa 2066

これが昼間のフットライトの様子。夜はどうなるのでしょうか?

Okinawa 2097

フットライトはこんな感じですよ。

Okinawa 2094

家々の門にはシーサーがいました。

Okinawa 2096

台風を防ぐために植えられたフクギ。

Okinawa 2098

細い通りを電気自動車が通りすぎて行きます。

Okinawa 2100

乗ってみたかったなぁ!

Okinawa 2102

角には魔除けの石敢當。

Okinawa 2105

早起きして掃除するのが恒例行事になっているそうで、島内はとってもキレイなのが印象的です。

Okinawa 2076

役場の方に、渡名喜島を案内して頂きました。

Okinawa 2077

山の上にある展望台から周囲を撮影したところです。

Okinawa 2083

立入禁止の入砂島。サンゴ礁がいい感じです。南の島のフローネが住んでいそうです。

Okinawa 2081

海中洞窟があり、そこを訪れるダイバーも少なくないそうです。

Okinawa 2082

このあたりが海中洞窟のある場所ですね。

Okinawa 2085

アオサを栽培する場所。

Okinawa 2090

渡名喜島は漁業が盛んで、100隻ほどの船があるそうです。

Okinawa 2106

宿泊でお世話になったのが、こちらの「民宿ムラナカ」です。

Okinawa 2107

2階部分が宿泊施設になっています。

Okinawa 2111

ロの形で廊下があります。

Okinawa 2108

宿泊施設は数に限りがありますので、渡名喜島に行く際は事前に予約しておきましょう。

Okinawa 2110

多良間島の時もそうでしたが、エアコンは有料制です。外出時は一時停止ボタンを押しておきます。

Okinawa 2112

シャワーは二つ。リンスインシャンプーとボディシャンプーがありました。

渡名喜島の中心部、家のある風景をいくつか。

Okinawa 2113

Okinawa 2114

Okinawa 2115

Okinawa 2116

Okinawa 2117

砂の路地とフクギ。なんだか安心します。

Okinawa 2118

Facebook勉強会の会場にもなった、小中学校です。

Okinawa 2119

グラウンドが天然芝なんですよ! 羨ましい!

Okinawa 2122

Facebook勉強会では、ネットの情報発信についてお話しさせて頂いたのですが、熱心に聞いて頂きありがとうございました!

そして‥‥

お待ちかねの‥‥

夜のフットライトです‥‥

Okinawa 2123

あああ‥‥!

Okinawa 2126

なんとも幻想的な光景が‥‥

Okinawa 2130

ほぼ一直線に続いていきます。

Okinawa 2151

渡名喜島は日帰りする人もいるようですが、これを見ないと渡名喜島に行ったとは言えないかもしれませんね!

Okinawa 2131

渡名喜島には居酒屋的に利用できる店がいくつかあります。その一つが「ふくぎ食堂」です。

Okinawa 2135

オリオンビールの生で乾杯!

Okinawa 2133

関の奥には仏壇(?)がありましたよ。

Okinawa 2134

既に品切れしているものもありました。

Okinawa 2136

ぜひ渡名喜島ぽいもの頂きたいな、ということで、沖縄らしいメニューを注文しました。

Okinawa 2137

豆腐チャンプルー。

Okinawa 2139

シビマグロ。キハダマグロのようですが、旨味でした。

Okinawa 2141

赤魚の唐揚げ。この味、好きです!

Okinawa 2142

しなそばチャンプルー。こういうのもあるのですね。塩味の焼きそばみたいな感じでしょうか。美味しかったです。

Okinawa 2143

フライドポテト。

Okinawa 2144

手羽先。だんだんと居酒屋メニューぽくなってきました。

Okinawa 2145

泡盛の水割が投入されます。

Okinawa 2147

擬似餌。

Okinawa 2149

店内の装飾も凝っていて、今風な雰囲気のお店でした。

Okinawa 2168

続いて訪れたのが「憩い処 西門(ゆくいどぅくる いりーじょう)」というお店です。

Okinawa 2153

こちらはお母さんが切り盛りしている、家庭的なお店でした。

Okinawa 2154

オリオンビールの瓶ビール。

Okinawa 2156

隣の席のおじさんたちが、食べないかと下さった山羊のマース煮。マースとは塩のことです。

Okinawa 2158

あたしはヘタだから、とちょっと嫌がるお母さんに無理を言ってお願いして、三線を弾いて貰いました!

泡盛を飲みながら聞く三線、たまらない時間ですねぇ。

Okinawa 2163

ちなみに、これが楽譜。む、難しい‥‥。

Okinawa 2161

Facebook勉強会に参加してくれた若者たちも、ノリノリになってきました。

Okinawa 2164

しかし、みんな誰でも三線が弾けるものなのでしょうかね??

こうして、渡名喜島の夜は更けていきました‥‥。

Okinawa 2172

そして、いよいよ渡名喜島を離れる日です。

多良間島に続いて、渡名喜島でもウミガメが見られるとのことだったので、フェリーの時間まで案内して頂きました。

そうしたら!

すごいものを見てしまいました!

Okinawa 2173

ウミガメが産卵した跡です!!

Okinawa 2174

海から上がってきて、ここらで産卵して、そして海に戻っていった跡だそうです。

Okinawa 2175

ウミガメの手足の跡が、くっきりと残っています。

Okinawa 2177

これはすごい!!!!

Okinawa 2180

予想以上のものが見られて、びっくりしてしまいました。

Okinawa 2182

写真にはうまく撮れなかったのですが、サンゴ礁のあたりで息継ぎをしているウミガメも見られましたよ。

Okinawa 2193

山に横線があるのが分かるでしょうか。人口が多かった頃、山に段々畑を作ったのだそうです。

Okinawa 2197

栽培されている島バナナ。

Okinawa 2201

青くて透明で美しい海。この浜でも、ウミガメに会うことができました。

Okinawa 2207

そしていよいよ、帰りのフェリーが久米島からやってきました。

Okinawa 2208

渡名喜島とお別れの時です。

Okinawa 2209

ありがとう、渡名喜島〜〜〜!

渡名喜島は、那覇からフェリーで2時間ほどの島です。自然をがっつり満喫するだけでなく、島内にはかわいい案内板があったり、電気自動車があったり、食事処がいくつかあったり、ちょっぴり観光客が訪れやすくなっていると思います。

沖縄本島でも自然たっぷりの北部に行こうと思えば、それなりに時間はかかります。だとしたら、船でふらりと訪れる離島も、良いのでは? まだ"秘密の島"という雰囲気もありますよ。

まだ観光客はそんなに多くないということなので、この雰囲気のために、本当は内緒にしておきたいな‥‥。

遠くなく近くなく。絶妙な距離感。
夜のフットライトも幻想的。
内緒にしておきたくなる離島。
渡名喜島でした。

渡名喜島(となきじま)|沖縄の奥、島の奥。おくなわ 離島ガイド・プロジェクト

渡名喜島(Facebook)