Okinawa 1816

「おくなわ」離島ガイドプロジェクトのFacebook勉強会で最初に渡った離島は「多良間島」です。沖縄本当や石垣島には何度か行ったことがありますが、多良間島のことは今回、知りました。宮古島と石垣島の間にある、人口1,300人ほどの真ん丸な島です。

行き方は宮古島から飛行機、船がありますが、今回は那覇から宮古島を経由して、飛行機で訪れました。飛行機に乗っているだけの時間だと、行きが1時間20分、戻りが1時間5分です。

宮古島と多良間島の間の飛行機は約15分くらい。宮古島での乗り継ぎ時間も15分くらいなので、那覇を出ればあっという間に多良間島、という感じです。「思っていたより近い」というのが感想です。

Okinawa 1818

宮古島で乗り換えします。

Okinawa 1819

乗り換えはしたものの、行きは宮古島行き、多良間島行きは同じ飛行機でした。

Okinawa 1820

多良間空港です。乗り換え諸々を含めると、約2時間くらいで那覇から多良間島まで到着しました。

本当でも北部のリゾート地域に行こうとすると2時間くらいはかかるので、選択肢として多良間島というのもありだな、と思いましたね。

Okinawa 1823

空港には危険な交差点のガイドマップがありました。ちなみに、信号は一ヶ所です。西表島もそうだったのですが、子供の教育のために、信号が設置されているようです。

Okinawa 1825

「タラマブルー」の海。写真だと他人事のように見えたのですが、自分が訪れてみると‥‥ヤバいくらいの青さでした。

Okinawa 1826

陸っぱりということなので、陸地でこんな魚が釣れる訳ですよね!? 釣り好きにもたまらない島かも。

Okinawa 1827

地図を見ると、多良間島の位置がよく分かります。

Okinawa 1832

まずは今回の勉強会の会場である、役場に行きました。

Okinawa 1830

部屋に置かれていた写真で、真ん丸な島で、周囲をサンゴ礁に囲まれていることが分かります。右上にあるのが水納島で、こちらは人口3人の小さな島です。多良間島からは船で渡ります。

Okinawa 1837

島の至るところに、小学校の子供たちの書いた標語が置かれています。かわいい。

Okinawa 1838

これが宿泊した「夢パティオたらま」です。これは食事や大浴場のある管理等です。食事は島のお母さんの手料理という感じで、懐かしい感じがします。

Okinawa 1839

宿泊棟は別にありまして、洋室タイプはそれぞれに3部屋くらいとなっているようです。ぼくが泊まったところは、各部屋にベッドが二つずつ、さらにキッチンが用意されており、長期宿泊も可能です。

Okinawa 1840

滞在中にランチを頂いたのが、こちらの居酒屋「凪」です。恐らく、島で唯一の居酒屋です。

Okinawa 1841

もちろん、初日は「そば」を頂きました。

Okinawa 1843

シンプルで美味しいです。胃に染み渡っていく感じがたまりません。

勉強会まで時間があったので、レンタカーで島内を案内して頂きました。

Okinawa 1844

「八重山遠見台公園」です。

Okinawa 1866

展望台のようなところですね。

Okinawa 1845

先日、フィリピンで地震があった時は、ここに避難された方もいたと聞きました。というのも、多良間島の標高は高くても15mくらいらしいのです。

Okinawa 1846

遠見台からの絶景です。

Okinawa 1847

写真では分かりにくいかもしれませんが、石垣島もくっきりと見えました。

Okinawa 1849

水納島も見えます。船で渡ると20分くらいですので、かなり近くに見えます。

Okinawa 1865

石垣が積まれていました。

Okinawa 1864

続いて港です。

Okinawa 1855

海の青さがヤバいくらいに青いのです。

Okinawa 1856

空が青けりゃ海も青い。タラマブルーというそうですが、こんなに青い海は見たことがありません。

Okinawa 1858

少し移動して、サンゴ礁のあたりです。この辺では、シュノーケリングしている人も見かけました。

Okinawa 1868

夕食は「夢パティオたらま」で頂きました。

そして、多良間の夕日。

Okinawa 1869

時間は18時半くらいです。

Okinawa 1872

夕日を背に。

Okinawa 1877

南の島の夕日は、なんだかそれだけで良いです。

Okinawa 1879

そして、夜はFacebook勉強会も無事に終えると‥‥

Okinawa 1880

島の方のお宅に呼んで頂き、宴会に参加させて頂きました!

Okinawa 1882

やっぱりオリオンビールで乾杯!

Okinawa 1883

水納島でとってきたというシャコガイです。ぼくは貝柱の部分が好きでした。磯の味。

Okinawa 1891

自家製のかまぼこも!

Okinawa 1886

居酒屋が少なくて寂しいとも思ったのですが、そんなことないのですね。みんな、こうして家に集まって酒を酌み交わすのですね。これもとっても素敵です。

Okinawa 1887

そして!

オトーリが始まりました!

オトーリというのは、親が口上を述べて一杯、そして、子にグラスを渡して一周します。全員が親をするまで続きます‥‥これがオトーリ!

Okinawa 1888

飲んでいるのは泡盛の水割りです。グラスに注がれる量も、女性だと少なかったり、男性だと多めだったり、いろいろです。

Okinawa 1894

オトーリに参加させて頂くと、仲間に入れてもらったー! という気がします。オトーリ初体験でしたが、とても嬉しい気持ちになりました。

Okinawa 1893

多良間島は黒糖の単位面積あたりの収穫量が沖縄県内で最多で、名産品となっています。その黒糖を入れた、これが黒糖焼酎です!

徐々に溶けていく黒糖が美味い!

0時過ぎに解散。

Okinawa 1900

島で唯一の信号を通って宿に戻りました。

Okinawa 1901

「夢パティオたらま」の朝食です。

この日は朝から、船で水納島に連れていって頂けることになっていました。前夜、宴会でお世話になった方が、マリンサービスをされていたのです!

Okinawa 1902

自分でも小型船舶免許を持っていますので、船に乗れる機会があれば間違いなく飛びつきます。

Okinawa 1904

お世話になった船はこちらです。

Okinawa 1905

水納島へ船で渡りたい方は、ぜひ「水納島はまさきマリンサービス」へ!

Okinawa 1907

とにかく海の青さが半端ないのです‥‥。

Okinawa 1911

Okinawa 1912

Okinawa 1915

Okinawa 1916

Okinawa 1917

「こんな絶景が日本にあったの!?」と思ってしまいますよね。

Okinawa 1918

Okinawa 1920

Okinawa 1921

どこまでも続く青い海に、どこまでも感動。

そして、個人的なハイライトはこれです。

Okinawa 1926

奥の方の黒いのが分かりますか?

Okinawa 1928

実はウミガメなんです!

Okinawa 1931

ウミガメが何匹も!

Okinawa 1932

ウミガメがいるとは聞いていたのですが、シーズンは5月くらいで、今の時期は見られないかも、と思っていたのです。

Okinawa 1934

全然そんなことありませんでした。

Okinawa 1938

船で進んでいくと、黒い影がサーッと散っていきます。一度に5匹や6匹も。

Okinawa 1942

生で泳いでいるウミガメを見たのはもちろん初めてですし、こんなにたくさん見られるとも思いませんでした。

Okinawa 1945

強烈!!

Okinawa 1948

息継ぎで顔を出したのですが、撮り損ねてしまいました! 残念!

水納島にも上陸させて頂きました。この日は満潮で、はまさきという場所から浜に上がることができました。

Okinawa 1955

Okinawa 1956

感動。

Okinawa 1958

テレビCMとか、何かの広告とかに出てきそうな光景です。

Okinawa 1959

Okinawa 1960

Okinawa 1961

Okinawa 1962

Okinawa 1964

青い空と青い海と白い砂浜。こんなところがあるんですね。

Okinawa 1965

簡単に渡ることのできない水納島、このままでが良いのかも、と思いました。

Okinawa 1967

Okinawa 1968

Okinawa 1969

Okinawa 1971

続いて、港の方からも水納島に。

Okinawa 1973

水納島に住んでいる方は、この港の周りに住んでいるそうです。

Okinawa 1974

Okinawa 1975

航海安全の神様。

Okinawa 1976

家へと続く道。

Okinawa 1977

これまた映画に出てきそうな光景です。

Okinawa 1978

牛が放し飼いなっていました。

Okinawa 1981

牛は森の中に逃げてしまいました。

Okinawa 1982

Okinawa 1983

Okinawa 1984

鉄棒がありました。元は小学校があったそうです。昔の水納島の姿は、どんな感じだったのでしょうか。

Okinawa 1985

Okinawa 1986

港への帰り道。

Okinawa 1988

2時間ほどの水納島ツアーでした。青すぎる海にウミガメ、夢のような時間でした。タラマブルー、最高です!

Okinawa 1990

居酒屋「凪」でのランチ、カツカレーです。

船で案内して下さった宮国さんは、水納島を「音のない島」と言いました。確かに、時折、風に揺れる葉の音が聞こえるくらいで本当に静かでした。

ぼくは多良間島も静かな島だと思いました。日中、照りつける太陽の中、濃淡のくっきりとした街並みを歩いて行くと、ジリジリと肌から熱さが伝わってきます。静かで、自分の焼ける音が聞こえてきそうなくらいに。

スーパーも2軒でしょうか。居酒屋は1軒でしょうか。コンビニはありません。自分しているような普段のような生活は無理です。でも、それは不便だとは感じませんでした。多良間島には、多良間島の時間が流れます。ゆっくりでいいんです。

多良間島には、なんにもない、がありましたよ。

のーんびり、ゆーっくり。
海でぼーっとしたい方、
生きている内に天国に行きたい方は、
ぜひ多良間島へ。

多良間島(たらまじま)|沖縄の奥、島の奥。おくなわ 離島ガイド・プロジェクト

多良間島(Facebook)