スポンサードリンク

ソーシャルボタン「noteで書く」ネタフルに設置

スポンサードリンク

ソーシャルボタン「noteで書く」ネタフルに設置

1クリックで記事を引用して「note」の投稿画面を開くことができるソーシャルボタン「noteで書く」をネタフルに設置しました。

note、ソーシャルプラグインの「 note で書く」ボタンを初公開。第一弾として「日本経済新聞 電子版」に実装されました。で知りまして。

「 note で書く」ボタンがさまざまなウェブサイトやアプリに設置されると、記事を読んで湧きあがる「誰かに伝えたい」「こんなことを考えついた」という気持ちをすぐに創作活動へつなげられるのではないか。そう考えて「 note で書く」ボタンを公開することにしました。

スポンサードリンク

「noteで書く」ボタン

使い方は簡単で、ブログの各記事にある「noteで書く」ボタンをクリックするだけ。

ソーシャルボタン「noteで書く」ネタフルに設置

クリックすると新規ウィンドウが開きます。

ソーシャルボタン「noteで書く」ネタフルに設置

元記事が引用されたアーユーレディな状態で、投稿画面が開きます。ここで「わたしはこう思う!」を書き綴ると良いのではないでしょうか!

創作ではなく、既にあるニュースやコラムに対して私見を述べるというのも、ブログの一つのスタイルです。ネタフルも、そのスタイルで15年以上、運営しています。

いちからアイデアをひねり出そうとすると大変ですが「これに関してはこう思う」だと、出発点としては書きやすいと思うのですね。

ぜひお試しください!

「noteで書く」ボタンの導入方法

「noteで書く」ボタンの設定方法 – noteヘルプセンターを参考にしました。

ここにあるコードを、任意の位置にコピー&ペーストして調整して完了です。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

火星行きの搭乗券はもうゲットした?「Mars 2020 Rover」で名前を送ろう!

次へ

【Kindleセール】1冊54円「かわぐちかいじ先生デビュー50周年記念フェア!」(6/13まで)