ニンテンドー3DSは2月発売 3D映像作品無料配信もという記事より。

任天堂は29日、特別なメガネをかけず、裸眼で立体映像が楽しめる携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を来年2月26日に売り出すと発表した。希望小売価格は2万5千円。欧米では3月に発売する。

いよいよ「ニンテンドー3DS」の発売日と価格が正式に発表されました。

・2011年2月26日発売
・25,000円

「ニンテンドー3DS」はニンテンドーDSと同様に2画面を備え、上画面は裸眼で立体映像を見ることができます。下画面はタッチパネルです。

すぐに「ニンテンドー3DS」を欲しいとは思わないですけど「裸眼で立体映像」はぜひとも体験してみたいですね〜。

カメラを二つ搭載し、立体映像の動画・静止画を撮影することも可能です。日本テレビ、フジテレビが作成する3D映像作品も無料で配信されるようです。

カメラで映した室内に現れるモンスターを撃ち倒すなど、現実の映像に仮想のキャラクターが現れる拡張現実(AR)を使ったゲーム数本も内蔵しているという。

うわっ、ちょっと試してみたい!

■関連記事

任天堂「3DS」、発売は来年2月26日 価格は2万5000円

任天堂の岩田聡社長は同日、千葉市美浜区の幕張メッセで開いた会見で「キャラクターが立体になることで迫力が増す。奥行きや距離感が認識しやすくなり、ゲーム空間を自由自在に動き回れるようになる」と述べた。

「ニンテンドー3DS」来年2月26日発売、2万5000円

スリープモードの時に、ニンテンドーゾーンや無線LANアクセスポイントを自動的に探索し、情報やゲームデータ、映像などを届ける「いつの間に通信」機能を搭載。日本テレビ放送網、フジテレビジョンと提携し、各社から3D映像コンテンツの提供を受ける。

「ニンテンドー3DS」は2011年2月26日発売決定――価格は2万5000円

ニンテンドー3DSは、3.53インチ 800×240ピクセルの裸眼立体視機能つきワイド液晶(横800ピクセルを左目用・右目用交互にそれぞれ 400ピクセル割り当てることで立体表現が可能)の上画面と、3.02インチ 320×240ピクセルのタッチ入力可能な下画面をそなえたニンテンドーDSシリーズの最新機種にあたる。

<ニンテンドー3DS>発売日は来年2月26日 価格は2万5000円に

既存のニンテンドーDS向けソフトも遊べるほか、DSiなどで購入済みのダウンロードソフトを3DSへ移行させることもできる。専用の充電台、ACアダプター、伸縮式の専用タッチペン、2GBのSDメモリーカードにカメラで撮影して遊べるARカードが6枚付く。海外での発売日と価格については、後日子会社から発表される。