任天堂、「ニンテンドー3DS」を披露という記事より。

任天堂は6月15日(米国時間)、2010年度中に発売予定の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を披露した。眼鏡なしで3D表示ができる液晶ディスプレイのほか、3D撮影ができるステレオカメラを搭載。

任天堂がかねてより開発中としていた「ニンテンドー3DS」を、アメリカのゲームショー「E3」で初披露しています。

岩田聡社長は「15年前に『バーチャルボーイ』を発売した任天堂は、新ハードを企画する際に3Dは常に念頭にあった。そして『ニンテンドー3DS』が当社の答えだ」と語っています。

「ニンテンドー3DS」は「ニンテンドーDS」の後継機で、2画面の基本的なスタイルは踏襲しています。ただし、上部ディスプレイは裸眼立体視が可能な液晶になっているのが特長です。

左目用、右目用交互に400ピクセルずつ割り当てることで3D表示が可能になっているという。3D効果は「3Dボリューム」を使って強弱をコントロールでき、無効にすることも可能という。

左右の目に交互に見せるということなのですが、早く体験してみたいですね、これは。どんな風に見えるのでしょうか。

ボディ外側に二つのカメラを搭載し、ステレオ撮影して3D表示することも可能ということです。

コントローラーには「スライドパッド」という360度の入力が可能なパッドを搭載し、さらにはモーションセンサーとジャイロも搭載します。

関連記事をまとめておきます。

ニンテンドー3DS初披露――「Nintendo Media Briefing」で分かったこと

スリープ中に他のニンテンドー3DSやWi-Fiアクセスポイントと自動的に通信し、同時に複数のゲームの「すれちがい通信」を可能にするほか、Wi-Fiアクセスポイントのある場所では起動して操作することなく、インターネットとの連携によるサービスを自動的に実現している。

立体画像の「ニンテンドー3DS」公開 専用メガネ不要

映画などの3D動画を無線LAN経由でダウンロードして再生することも可能だ。

速報:ニンテンドー3DS 公開、ステレオ3Dカメラ搭載

上画面は3.5インチワイド 3D表示ディスプレイ。メガネなし!が売り。上画面部分側面に「3Dボリューム」を搭載。3D効果を調節可能(個人差に応じてステレオ立体視効果を調節。2Dにも設定可能。)

任天堂、「ニンテンドー3DS」の詳細を発表

3D対応ソフトとして開発中の「Kid Icarus Uprising」のビデオが示すように、3DSは、グラフィックが大きく改良されている。上画面の上のカメラレンズに加えて、本体の外側にある2つのレンズにより、3D写真が可能となる。3DSは、標準の「ニンテンドーDS」用ゲームとも互換性がある。

<任天堂>ニンテンドー3DS初公開 3Dカメラ内蔵、裸眼でプレー バイオ、キングダムハーツも

米ロサンゼルスで行われた発表会で岩田聡社長は「3D規格は、私たちの頭の中にあった。キャラクターが立体化するだけでなく、空間の奥行きが認識でき、動き回れるようになる」と語った。

フォトレポート:3D対応の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を写真で紹介

任天堂は米国時間6月15日、Electronic Entertainment Expo(E3)2010の同社プレスカンファレンスにおいて、3D対応の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を正式に発表した。ここではこの新型機を写真で紹介する。