「歩いてわかる 生活リズムDS」を購入してからほぼ1ヶ月が経過したのですが、自分の生活がほんの少しだけど変わった実感があるのでエントリーしておきたいと思います。

_images2008_life_ds_081125335.jpg

基本的な生活スタイルが自宅と仕事場を往復するだけの単調な生活で、それも片道15分くらいと明らかに運動不足だと自分でも思っていたのです。

全く歩かないよりはいいけれど、できればもっと歩きたい。でも頭では分かっているけれど、どうしたら良いか具体的な策もない。

そんな折に発売された「生活リズムDS」ですが、これが実に良かったです。基本的な機能としては歩数計を持ち歩いて、1日にどのくらい歩いているかを計測してくれます。

歩数計部分は液晶とかないので何歩歩いたかは帰宅してデータを「ニンテンドーDS」に転送しないと分かりません。

分からないのですが、ライフログとして考えた場合には「あるかないか分からない」くらいの方が生活が自然になって良いとも思えるので、この点に関しては不満はありません。むしろ寝る前に、無理してない自然な1日を振り返れるので良いのかも。

2008-12-24_1350.png

ブログ以外は三日坊主なことが多いのですが、なんとか「生活リズムDS」はこの1ヶ月は皆勤賞です。1日だけ二日酔いで寝込んでしまったのですが、それ以外は身につけています。

最初は3,000歩だった目標も4,000歩になりました。仕事場の往復だけだとちょっと足りないので、少し遠回りするなど工夫もしています。確実に「歩くこと」を意識するようになりました。

もちろん「生活リズムDS」がなければ、こうした「歩くこと」に対する意識の変化というのはなかったと思います。

思うに漠然と歩いているよりも、やっぱり誰か(何か)がサポートしてくれるている、というのが気持ちのどこかにあるのですね。

そしてただ歩くだけでなく、ちょっといいなと思ったのが、どんな1日だったかを記録しておくスタンプです。

2008-12-24_1350-1.png

3段階でスマイルマークを選ぶのですが、思い返してみると「とても楽しかった日」は子供とたくさん遊んだとか、子供にいいことがあったとか、つまりは当たり前なんですけど、子供中心に自分の楽しさが回っているんだと改めて認識できたことです。

当たり前なんだけど当たり前過ぎて普段は振り返らないことでして、笑っているスタンプが並んでいるのを見返すと、ちょっと嬉しくなります。

ちなみに「ダメな日」は二日酔いの日です。

こんな風に歩数を記録してくれるだけの「生活リズムDS」なのですが、生活をちょっとだけ振り返るためのライフログとして、この1ヶ月で手放せないものになったな、と実感しています。

ダイエットのためとか、がしがし歩くためとか、いろいろ使い方はあると思いますが、ぼくにとっては文字通り「生活リズム」を知ることができる最良のツールです。

ありがとう「生活リズムDS」!

歩いてわかる 生活リズムDS(「生活リズム計」2個同梱)

歩いてわかる 生活リズムDS(「生活リズム計」2個同梱)

■関連エントリー

「歩いてわかる 生活リズムDS」歩数計付き
「生活リズムDS」歩数計生活はじめました→夫婦の会話が増える