生徒の脳も鍛えます ニンテンドーDS、中学教材に活用という記事より。

任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を使った英単語学習の授業が21日、京都府八幡市の中学校で始まった。

中学校の授業で「ニンテンドーDS」を使った英単語学習がスタートしたそうです。反復学習による基礎学力の向上が目指されているということです。

昨年度の研究授業では、中3生49人が昨年9月から5カ月間、授業冒頭の約10分、ゲーム機と向き合って英単語の学習に取り組んだ。

既に実験授業が行われており、その際には約5ヶ月で4割前後の語彙が増える効果が確認されたのだそうです。

時間は10分程度のようで、生徒の習熟度も違いますから「ニンテンドーDS」を道具として使うのはアリかもしれません。

自分の習熟度も記録されて目に見えますし、タッチパネルなので選択式ではなく、手書きなところも良いのではないでしょうか。文字通り“ゲーム感覚”です。

「中学英単語ターゲット1800DS」みたいなソフトを使っているのでしょうか?

中学英単語ターゲット1800DS

中学英単語ターゲット1800DS

■関連記事

「怠惰ってなに?」日本語の理解力が落ちている?

「基本的な語彙(ごい)力がないために、英語ならぬ日本語の理解力やリスニング力が落ちている」というのが原因のよう