ニンテンドーDS、4〜6月期に454万台販売 通期予想は1700万台にという記事より。

第1四半期のニンテンドーDS(Lite含む)の販売台数は合計454万台に上り、2006年3月期(2005年度)の合計販売数(1146万台)の約4割にあたる台数を3カ月間で販売したことになる。

ニンテンドーDSの勢いが止まりません。

3ヶ月で454万台ということは、ひと月あたりでは151.3万台、1日あたりでは4.9万台も売れていることになります。

1時間あたりに2,034台、1分あたりでは34台、約2秒で1台程度は売れているという計算です。まあざっくとした計算ですが。

これを受け、今期の予想販売台数を当初の1,600万台から1,700万台に上方修正しています。

DSソフト販売は合計1835万本となり、前年同期(532万本)の3.4倍に。今期本数見通しは当初予想から500万本上方修正し、7500万本とした。

この数字も凄いですね。確かにマリオカートとか面白いから、仲間は多いような気がします。というか、知り合いはほとんど持っていますね、マリオカート。

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

■関連記事

任天堂 「DS」好調で業績を上方修正

任天堂は24日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」関連製品の売れ行きが好調なことや為替レートの見直しなどにより、2007年3月期の連結売上高予想を過去最高の6400億円(従来予想は6000億円)に上方修正した。