任天堂、「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」で好調なDSの今後について岩田社長語るという記事より。

任天堂株式会社が同社の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」に関する発表会「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」を都内で開催した。3月2日に発売を控えた「ニンテンドーDS Lite」の実機が公開されるとあって、関係者が多数詰め掛けた。

いやまぁ、非ユーザとしてもいろいろ驚きはあるのですが、特に驚いたのはこの話題でした。

最後に「ニンテンドーDSに新たな分野に応用し、新たな要素を提案する」ということで、ブラウザーソフト「ニンテンドーDSブラウザー(仮称)と「DS地上波デジタル放送 受信カード (仮称)」が紹介された。

なんてこと! ニンテンドーDSにウェブブラウザとテレビ受信カードですって。どういうこと!

6月に3,800円で発売を予定している「ニンテンドーDSブラウザー(仮称)」は、携帯電話にも搭載されているフルブラウザー「Opera」を提供しているOperaと提携して開発されている。

なんだか2画面を活用したブラウジングになるみたいですよ。全体と拡大で見せたり、一つに繋げて見せたり。ジャストシステムの「ATOK」も搭載されるそうです。

「実際にブラウザーを使ってみたが、やはりタッチパネルによる直感的な操作性は非常に魅力だ」というのは、PSPにない魅力ですね。この辺のコントロールはPSPより上のような気がするな。

さらに、

地上波デジタルの移動体向け放送「ワンセグ」に対応し、DSを携帯テレビに変貌させる「DS地上波デジタル放送 受信カード (仮称)」は、タッチパネルでチャンネル切り替えが可能。DSカードから伸縮式アンテナが伸びている。

これですよ。

PSPの方がブラウザやロケーションフリーに対応して先に“いろいろできる感”を醸成していたのですが、ニンテンドーDSも非常にプラットフォーム感が漂ってきましたね。これ、抜かしていってしまう勢いも感じますね。

でも、ぼくはニンテンドーDSは持っていないのです。

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ

ニンテンドーDS ピュアホワイト

ニンテンドーDS ピュアホワイト

■関連記事

「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」公開スクリーンショット

任天堂株式会社は、2月15日に開催した「ニンテンドーDS カンファレンス! 2006.春」にあわせ、「タッチジェネレーション」シリーズの新作スクリーンショットを公開した。

任天堂、ニンテンドーDS向けATOK搭載Webブラウザを6月に3,800円で発売

ニンテンドーDS専用カードスロットにWebブラウザを収録したカードを、ゲームボーイアドバンス専用カートリッジスロットにメモリ拡張カートリッジを挿入することで、無線LAN通信によるWebブラウジングが可能となる。