スポンサードリンク

任天堂が「Nintendo Switch」を中国でも発売開始すると発表

スポンサードリンク

任天堂が「Nintendo Switch」を中国でも発売開始すると発表

任天堂が2019年12月10日より「Nintendo Switch」を中国でも発売開始すると発表しました。

当社が中国における正規販売代理店契約を結んでいるテンセント社(中国語名:騰訊控股有限公司; 英語名:Tencent Holdings Limited; 本社:中国広東省深圳市)より本日、Nintendo Switchを2019年12月10日に希望小売価格2,099元で発売する旨の発表が中国国内において行われましたことをお知らせいたします。

スポンサードリンク

むしろ中国で「Nintendo Switch」を販売していなかったのか、という気がしますが、販売していなかったのですねぇ。

今回、テンセントが任天堂の正規販売代理店となったことで、中国でも「Nintendo Switch」が売られることとなりました。

中国での「Nintendo Switch」の販売開始は2019年12月10日からで、価格は2,099元となります。

現時点でのレートだと32,209円となります。日本では32,978円(税込)です。うまくいけば相当な販売台数の上積みが期待されるのではないでしょうか。

関連記事

中国のニンテンドースイッチ発売は12月10日に決定。テンセントが2099元で販売 - Engadget 日本版

中国は巨大市場であるものの参入が難しく、任天堂は過去にニンテンドーDSを別の名前で展開していたものの大きな成功には至っていません。

マリオが中国上陸、任天堂スイッチが10日発売-ライトも投入へ - Bloomberg

中国には、これまでソニーや米マイクロソフトも参入したが、販売実績はごくわずかにとどまる。任天堂も03年に中国語対応にした家庭用ゲーム機を販売し、05年には携帯型ゲーム機DSも売り出したが、成功しなかった。

任天堂のスイッチが中国で10日発売、現地大手との連携に期待も - ロイター

同社は20年3月期業績予想に中国での販売分を織り込んでいない。1月下旬の旧正月商戦に間に合ったことで、市場では「(業績の)上振れもあり得る」(証券アナリスト)との見方がある。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

JR東日本、2020年開業の高輪ゲートウェイ駅でQRコードによる改札の実験を行うと発表