スポンサードリンク

「スイッチ」全世界における販売台数は1,300万台を突破

スポンサードリンク

B01NCXFWIZ

ニンテンドースイッチ」の販売台数が、全世界で1,300万台を突破していることを任天堂が2018年3月期経営方針説明会で明かしていました。ホリデー商戦期には世界各地で「ニンテンドースイッチ」の普及が加速したということです。

スポンサードリンク

資料の中では次のようにコメントされています。

発売時期や商戦期のタイミングが違うので単純な比較はできませんが、発売後10か月の時点で、北米では、任天堂の据置型ゲーム機で最も早く普及したWiiを上回る、過去最速ペースの立ち上がりになっています。
ヨーロッパ市場においても、Nintendo Switchは、ホリデー商戦に販売が大きく伸び、Wiiと肩を並べる勢いで推移しています。

過去最速のペースで立ち上がりを見せており、2017年12月上旬には1,000万台を突破していたということなので、さらにホリデーシーズンに300万台を販売していたことがうかがい知れます。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

「ニンテンドー・スイッチ」国内販売台数がWii Uを超える

ダンボールを組み立てスイッチで遊ぶ「ニンテンドーラボ」も控えていますので、まだまだ「スイッチ」は売れるのは間違いないでしょう。

その他には次のような数字も明かされています。

・「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はNintendo Switch版だけで600万本

・「マリオカート8 デラックス」は650万本

・「スーパーマリオ オデッセイ」は750万本以上

・「Splatoon 2」は450万本を超えWii U用ソフト「Splatoon」を上回る

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】「50%OFF以上」新書フェア 〜なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?、毒の科学など

次へ

”小さな活版印刷機“が「大人の科学マガジン」の付録に