B01NCXFWIZ

任天堂が2017年3月3日に発売開始した「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」の国内販売台数が100万台を突破したことをファミ通が発表しました。発売開始からの17週で、1,016,473台を販売したと推計されています。このスピードは現行の据え置き型ゲーム機の中で最速とのことです。まだ入手できないという声もよく聞きます。

あわせてニンテンドースイッチ向けソフトの国内推定累計販売本数トップ5も発表されています。

1位 マリオカート8 デラックス(任天堂)2017年4月28日発売
推定累計販売本数:501,614

>>「マリオカート8 デラックス」とハンドルが届いた!けどハンドルは純正品じゃなかった

2位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:460,480

3位 1-2-Switch(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:200,807

>>【スイッチ】「1-2-Switch(ワンツースイッチ)」ダウンロード版を購入してみた

4位 ARMS(任天堂)2017年6月16日発売
推定累計販売本数:154,845

5位 スーパーボンバーマン R(KONAMI)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:92,112

>>【スイッチ】Nintendo Switch初のゲームは「スーパーボンバーマンR」を購入

我が家もゼルダ以外のソフトは全てあります。

任天堂が「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせという発表もありましたが、夏に発売される「スプラトゥーン2」や「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」の発売に向けて、生産体制も強化されていくのでしょう。