新島滞在でお世話になったのが、集落の西側に位置する「かどや旅館」です。新島空港から徒歩で歩けないこともないですが(20分くらい?)、もちろんクルマで送迎して下さるのでご安心を。素泊まりでもよし、食事をつけてもよし、家庭的な雰囲気で寛げる民宿です。

こちらは玄関を入ったところ。なんとなく、田舎の実家に帰ってきたような気分になりますね。大きな階段、大きな廊下。

2泊した潮騒の間です。畳敷きの和室。エアコン、テレビ完備です。子供の頃に泊まった、懐かしい民宿の空気です。

窓を開ければオーシャンビュー。晴れた朝には、窓を開けて海を見るのが楽しみでした。真っ青ですからね。夜は夜で、耳をすますと波の音が聞こえてきます。文字通り、潮騒の間、でした。

洗面所、トイレ、風呂は共同です。浴衣はありますが、歯ブラシやタオル類はありませんので、用意していきましょう。

洗濯機もありました(有料)。

宿の入口には自動販売機がありますので、飲み物に困ることもありません。清涼飲料水、ビール、缶チューハイが購入できます。もちろん、島にはコンビニはありませんので、手の届くところに自動販売機があるのは便利です。

夕食。品数も多く、ライスが進みました。魚料理が嬉しいですね。

朝食。日本の朝ごはんです。やや飲みすぎた身体に、味噌汁がしみました。

海まで徒歩10秒と書きましたが、どれだけ近いのか?

道に出て左を見ると‥‥

もう、そこは海! 前浜海岸で海水浴もできるし、港で釣りもできます。海遊びしたい人には、最高のロケーションです。

夜は一杯やりに出かけたいという人にも、各居酒屋が徒歩圏内なので便利です。アルコール的にも最高のロケーション。

宿はご家族で切り盛りされているのだと思いますが、とても暖かい雰囲気で癒されました。お世話になりました!

「tokyo reporter 島旅&山旅」について

東京都の観光PR事業から招待頂き、東京都新島の取材をしています。

12071302 1247969861895207 2006057593 n