「大三の金目鯛のねぎまは食べたほうがいい」誰から聞いたのか、どこかで読んだのか、頭の片隅に残り続けていました。店主が漁師で、金目鯛が釣れた日にのみ食べられる逸品、それが「金目鯛のねぎま」です。「とりてつ」で勢いをつけて、向かってみました!

「焼鳥 大三(新島)」の名物メニューは「金目鯛のねぎま」

店内はとてもキレイで、大きなテーブル席、そして座敷席がありました。座敷席では宴会をしてるグループも。

まずはハイボールを頂きます。

壁に目をやると「大三丸」と書かれた手ぬぐいが、魚拓入りで貼られていました。きっと、店名の「大三」は、この「大三丸」から取られているのでしょうね。

こちらは飲み物メニューです。生ビールは「とりてつ」では600円、こちらでは650円ですので、普通に地元で飲むよりも幾分か高めでしょうか。仕入れも大変でしょうし、そんなに数が出るものでもないでしょうから、離島価格ですね。

こちらは食事メニューです。「離島に来たら食べてメニュー」というのがあるのが、親切です。迷わず「金目鯛のねぎまは?」と聞いてみたのですが、残念ながら入荷はありませんでした。悔しすぎる!!

せっかくなので「くさや」を注文してみようと思ったのですが、1人にはサイズが大きいということで、断念。まだ食べてなかった、島の名物である「明日葉の天ぷら」をオーダーすることに。

揚げたてというだけでも十分に美味しいのですが、これがまぁ、サックサクでして。軽やかに胃に吸い込まれていきます。

えぐみとか臭みもなく、塩でサクサク美味しい「明日葉の天ぷら」です。これが、島のあちこちに自生してるっていうんだからなぁ。羨ましいなぁ。

もうひとつ、明日葉メニューをオーダーしました。「明日葉のシーチ」です。明日葉のシーチキン和えですが、これまたシンプルで美味しい。明日葉とシーチキンが良く合います。

新島らしいメニューかどうか分かりませんが、あまり見たことのない「鳥皮のパリパリ焼き」もオーダー。七味マヨネーズで、伸ばしてパリパリに揚げられた鳥皮を食べるのですが、これもサクサクで美味い! 鳥皮せんべいみたいですね。

やはり、ここは生ビールでしょう。

残念ながら、今回は名物メニュー「金目鯛のねぎま」に出会うことはできなかったのですが、また新島を訪れる理由ができた気がします。これは是が非でも食べてみたい。聞くところによると、1人で5本食べる人もいるとか!? どんだけ美味しいのー。

「tokyo reporter 島旅&山旅」について

東京都の観光PR事業から招待頂き、東京都新島の取材をしています。

12071302 1247969861895207 2006057593 n