Facebookで連絡を下さり島内をクルマで案内してくれたMiyagawaさんが「ぜひキャンプ場も見て欲しい」と言っていたので「新島羽伏浦キャンプ場」に立ち寄ってみました。このキャンプ場、無料で利用できるそうです。道具もあるものは利用できるそうです。つまりこれってどういうことかというと、新島はキャンプすれば宿泊費ゼロってことなんです。

「新島羽伏浦キャンプ場」でキャンプしたら宿泊費ゼロ

新島には船や飛行機で渡ることができます。同じ離島でも沖縄に行くことを考えれば遥かに安いのですが、それでも予算を抑えて何度も行きたい、なんていう人もいることでしょう。そんな時はキャンプです。キャンプ場が無料で利用できるのです。

実はこの「キャンプ無料」は在日の外国人コミュニティではけっこう広まっているらしく、キャンプ場の利用者もブラジル人やヨーロッパの人の長期滞在が多いそうです。20-30人でやってきて、2-3週間のキャンプをしていくそうです。そりゃあかかるのは食費だけですからね。時間があれば長期滞在しますよね。

目の前は海で海水浴とサーフィンし放題、仲間たちと陽気にパーティして過ごすのでしょうね。こういう楽しみ方もいいなぁ。

「新島羽伏浦キャンプ場」紹介

「新島羽伏浦キャンプ場」がどんなところか紹介します。

入口です。道から見えるところなので、これを見つけたら左折です。

管理棟。こちらでキャンプの申し込みをします。無料ですが、勝手にキャンプはできません。

キャンプ場の受け付けは8時30分から17時まで。それに間に合わない場合は翌日に受け付けします。

受け付けといっても、名前や住所を書くくらいのごくごく基本的なもの。さて、受け付けが終わったらキャンプ場へ向かいます。

駐車場を抜けます。

木立の間を歩いていくと。

キャンプ場利用の注意書きがあり。

キャンプ場あったー!

いやはや、想像していたよりかなり広いです。聞いたところによると、200-300くらいのテントが張れるということですが。

石のバーベキューセット。

こちらが炊事場です。

キャンパーが無料で利用できるものが色々と用意されています。もちろん、使う時は自己責任で。

食器類。

鍋やフライパン。

ガスコンロまで。ガスを用意すれば使えますね。

調味料類まで。キャンパーが残していったものを、キャンプ場の方で管理しているそうです。

Miyagawaさんもキャンプが大好きで、キャンプ場のスタッフではないものの、ボランティアでいろいろ活動されているようで、きっとこのテーブルもMiyagawaさん作だと思います。だって、自宅の庭に同じテーブルがありましたから。

これもMiyagawaさん制作の予感。

こんな木の下でバーベキューしたら最高だろうなぁ!

キャンプ場の上の方からは、目の前には海が見えます。きっと、夜は波の音を聞きながら眠るのでしょう。

後ろを振り向けば山。

シャワー設備もありますが、無料の温泉もあるので、そちらに行く人も多いでしょう。ただし、自転車かクルマが必要な距離です。買い出しにも自転車かクルマがあると楽ですね。スーパーまでは歩けない距離ではありませんが。

こちらはトイレ。キレイです。

ね、新しいでしょ。これらの施設が無料で利用できると知った人たちは、きっと毎年のように新島に行きたくなるんだろうなぁ。

男子トイレで撮影しましたが、トイレも清潔に保たれてました。アウトドアでも安心。

こちらは徒歩圏内の海です。この日は風が強く、波が高かったです。サーフィンするには抜群ですね! 小さな子供は、別の海水浴場の方が、波が優しくて良いかもしれません。そんな時は、自転車、またはレンタカーなどで移動を。

ゴールデンウィークから人がたくさん集まるそうですが、意外に狙い目なのが、梅雨明けからお盆前と伺いました。もし数日間の休みが取れたら、新島でキャンプライフ、いかがでしょうか。魚釣りもかなりできるので、夕食は新鮮な刺身で!?

「tokyo reporter 島旅&山旅」について

東京都の観光PR事業から招待頂き、東京都新島の取材をしています。12071302 1247969861895207 2006057593 n