スポンサードリンク

「Adobe Shockwave」2019年4月9日に提供終了へ

スポンサードリンク

「Adobe Shockwave」2019年4月9日に提供終了へ

ウェブブラウザでインタラクティブな機能を提供する「Adobe Shockwave」が、2019年4月9日に提供終了することが発表されています。Adobe、4月9日に「Adobe Shockwave」のサポートを終了という記事になっていました。

Shockwaveコンテンツのオーサリングツール「Adobe Director」が2017年2月1日、macOS版「Shockwave Player」の提供が同年3月1日にすでに終了されており、今回のWindows版「Shockwave Player」の提供終了をもって、サポートが終了される。

スポンサードリンク

むしろ、よくぞ今までサポートされていたな‥‥という気がしないでもないですが、もともとマクロメディアが開発した技術で、後にアドビに会社ごと買収されていました。

同種の技術に「Flash」があり、そちらに時流は流れていきましたが。ちなみに、もともと「FutureSplash」という技術で、マクロメディアが買収して「Flash」となっていました。

「Shockwave」にせよ「Flash」にせよ、プラグインを入れるとウェブブラウザでアニメーションが動くというのは、当時は本当に驚いたものです。文字通り驚愕したのを、よく覚えています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

Googleロゴ「ワールド ワイド ウェブ」に

次へ

「ハリー・ポッター:魔法同盟」日本版第1弾トレーラー公開!日本版ロゴも初公開