スポンサードリンク

写真共有サイト「Flickr」無料版サービスを縮小へ 〜どうする古参ブロガー?

スポンサードリンク

写真共有サイト「Flickr」無料版サービスを縮小へ 〜どうする古参ブロガー?

Yahoo! からSmugMugに買収された写真共有サイト「Flickr」ですが、無料版サービスを縮小することが発表されています。写真共有のFlickr、無料版は1TBから1000点に縮小、超過分は2019年2月5日に削除へという記事になっています。

写真共有サービスの米Flickrは11月1日(現地時間)、同業の米SmugMugに買収されて以来の大幅なアップデートを発表した。プロの写真家向けサービスによりシフトし、無料版は縮小する。

スポンサードリンク

現在の無料版の1TBのストレージは「写真あるいは動画を1人1000点まで」という大きな変更になるそうです。

1000点以上の写真あるいは動画を保存している無料ユーザーは、2019年1月8日までに有料版に移行あるいは超過分をダウンロードしないと、同日以降は写真あるいは動画をアップロードできなくなる。

古参ブロガーの中には画像はFlickrにおいて、それをブログの記事に埋め込むというスタイルの人がいるので、もし無料版を使っているのであれば画像の置く場所を変更するか、もしくは年額50ドルの有料版に移行する必要があります。

個人的にはブログの写真を外部サイトに預けるのはリスキーだと考えているので、まさにそれが裏付けられるようなことが起こりました。

このまま「Flickr」が延命し続けるかどうかは分からないので、もしかすると有料版に移行しつつ、自分のサーバーなどに画像を移すのが得策なのかもしれません。

似たようなところではYouTubeも動画を預けているわけで、いつかサービが終了する日には動画の移動を考えなくてはならない日がやってくるかもしれませんね。自分が死んだ後かもしれませんが。

スポンサードリンク

前へ

赤坂で500円ワンコインランチ!赤坂バル横丁「グッドスパイスカレー」

次へ

ネタリスト(2018/11/02 12:00)ワークマンのカジュアル店が「ユニクロ」「ZOZO」よりすごいワケ