スポンサードリンク

セブンイレブン、民泊のチェックイン(鍵受取サービス)を開始

スポンサードリンク

セブンチェックイン機

セブンイレブンが、民泊サービスに参入です。セブン-イレブンに民泊チェックイン機を設置 6月15日よりサービス開始として発表されていますが、セブンイレブン店頭で民泊の鍵を受け取ることができる民泊チェックイン機「セブンチェックイン機」の設置を順次開始するとしています。

スポンサードリンク

「フロントデスク24(Convenience Front Desk 24)」というサービス名で、チェックイン時に宿泊予約番号を入力し、宿泊者名簿への登録、パスポート撮影、顔写真撮影を行い、認証などを行います。

宿泊者名簿の作成、鍵の引き渡しをセブンイレブンに設置した「セブンチェックイン機」で行うことが可能になります。

セブンイレブンとしては、旅行者が訪れることで、来店客増が見込めます。

「セブンチェックイン機」は、住宅宿泊事業法の施行される6月15日より順次サービスを開始し、2018年10月までに50店舗への展開を予定しています。

2018年の実証データを検証した上で、2020年度までに1000店舗を目指すとしています。

■関連記事

民泊、セブンでチェックイン JTBと1000店めざす  :日本経済新聞

24時間利用できるコンビニとの連携が進めば、民泊の普及に弾みが付きそうだ。

JTB、セブン店舗に民泊チェックイン機、20年度に1000ヶ所 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

JTBは管理業者から端末の使用料を徴収し、セブン・イレブン・ジャパンには端末の設置手数料を支払う。

スポンサードリンク

前へ

【LINE】人気キャラクターが絵文字になった「LINE絵文字」発売開始

次へ

"とろ鉄"ファンはマストバイ!「マンガでわかる溶接作業」