2017 01 11 0948

アメリカのYahoo! が主要事業をVerizonに売却した後、社名を「Altaba(アルタバ)」に変更することが明らかになりました。米Yahoo!が社名変更 「Altaba」に(Verizonへの主要事業売却後)という記事になっていました。

両社は2016年7月、VerizonがYahoo!の検索、広告、ニュース、ファイナンス、スポーツ、約2億2500万人のMAUを擁するメールサービスなど、ほとんどの事業を買収することで合意したと発表した。

Yahoo! のコンテンツはほぼ全てVerizonに買収されるので、Yahoo! ではなくなるため、社名も変更するということですね。なお、VerizonではYahoo! のブランドは残す見込みということです。

これに伴い、Yahoo! CEOのマリッサ・メイヤーら5人の取締役は退任します。

「Altaba(アルタバ)」は「ヤフー日本法人株の約35%と、中国Alibaba株の約15%は保有」する投資企業になるということです。

いっそのこと、日本のヤフーがYahoo! を買収していたら面白いことになっていたかも‥‥なんて妄想してしまいますが、それももう叶わないですね。

日本のヤフーの名称は「ブランドに関しては、双方の同意がなければ、名称の使用を終了できないライセンス契約になっている」ということで、特に影響はないようです。

Yahoo! というブランドがなくなってしまう訳ではないのですが、時代の移ろいを感じるニュースです。元Googleのマリッサ・メイヤーCEOも、Yahoo! を立て直すことはできなかった、と。

■関連記事

米Yahoo!、米Verizonへの主要事業売却後に「Altaba」へ社名変更 -INTERNET Watch

企業規模の大幅な縮小に伴い、現在11名で構成されている取締役会から、マリッサ・メイヤーCEOをはじめ6名が退任する。