2016 05 26 1105

低額の定額で日本のインターネットブームの先鞭をつけた老舗ISP「BEKKOAME(ベッコアメ)」が、新規申込の受付を終了していたというニュースがありました。むしろ、よく延命していたという感想でもあるのですが。老舗ISP「ベッコアメ」、新規受け付け終了というニュースになっていました。

BEKKOAME//INTERNETは、個人向けISPの草分けで、尾崎憲一さんが1994年にスタートした。尾崎さんが創業したベッコアメ・インターネットが運営していたが、04年にISP事業とホスティング事業を現GMOインターネットに譲渡していた。

1995年くらいですかね、日本の最初のインターネットブームは。ConfigPPPとか使って、Macで1,200bpsのモデムでダイヤルアップして、みたいな。テレホーダイを使うために23時からみんなで一斉にログインして。回線足りなくて話し中でBusyみたいな。

ぼくもネット業界にはISPを作る側から入ったので、久しぶりに「BEKKOAME(ベッコアメ)」の名前を聞くと感慨深いものがあります。もう20年以上、ネットに携わっているのか‥‥なんて、ね☆