2016 01 21 1521

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から『攻殻機動隊』と内閣サイバーセキュリティセンターがタイアップ!(PDF)という発表がなされました。攻殻機動隊と内閣!? サイバーセキュリティセンター!? ポスターを見ると一目瞭然ですね。「我々とともにネットを守るんだ!」

ということで、この企画、サイバーセキュリティについて関心を高め、理解を深めて貰うために、内閣サイバーセキュリティセンターが企画した「攻殻機動隊 S.A.C.」とのタイアップなのです。

今回のタイップでは、講談社・攻殻機動隊製作委員会の協力により、新規書き下ろしイラストを用いた2016年サイバーセキュリティ月間のタイアップポスターが作成されており、全国の関係機関に配布されるそうです。

ポスターは、サイバーセキュリティ月間の趣旨に賛同し、ポスターを掲示してサイバーセキュリティ意識向上への呼びかけを行う、企業・団体・グループに対し、先着100団体に提供されるということです。詳細はコチラ(PDF)から。

プロダクション I.G 石川光久社長は次のようにコメントしています。

インターネットの急速な普及、加えてここ数年に起こったスマートフォンの急速な普及は、われわれ一人一人にインターネットと向き合う高い意識と正しい知識を要求する時代をもたらしました。個々人が正しい知識を持ちインターネットと対峙(“スタンドプレー”)することにより、総体としての安全なインターネット社会(“結果としてのチームワーク”)が構築できるのです。今回のタイアップイラストをご覧になり、一人でも多くの方がサイバーセキュリティに興味を持っていただければ幸いです。

ぼく自身、このポスターでグッと興味が湧いてしまいました。