2015 07 17 1055

日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンの在京民放キー局5社が、無料見逃し配信「TVer(ティーバー)」というサービスを2015年10月に立ち上げるそうです。民放5社共同の無料見逃し配信「TVer」が10月スタートという記事になっていました。

各社が10番組/週程度の最新コンテンツを、放送終了後から次回放送までの一週間程度無料で配信するキャッチアップ(見逃し配信)サービスと位置づけられている。

いいと思います!

というのも、例えばドラマ。第1話が放送されて、ネットで話題になるじゃないですか。見る予定のないテレビドラマを録画予約しているはずないので、面白かったと聞いても後の祭り。それが後追いでも見られるとなれば、ドラマ本来の面白さがあれば、2話以降の視聴率アップも期待できるというもの。

視聴料は無料で、広告付きで配信。TVer以外の提携配信会社でも同様の番組を提供予定としている。パソコンやiOS/Androidのスマートフォン/タブレットでの配信を予定しているが、テレビでの対応は未定。

Apple TVやNexus Playerのような、セットトップボックスでアプリ再生のような形態には対応して欲しいなぁ、なんて思いますけど。でも、電車の中でスマホで見る、みたいなケースが多いのでしょうか。

2015 07 17 1105

TVer(ティーバー)」という名称には「新しいスタイルでテレビを視聴する人たち(=TVer)」という意味が込められているそうです。

Huluでもテレビドラマの後追い視聴ができますしね。各局で様々な取り組みをしているのだと思いますが「ここに行けば見られる」という場所があるのは、良いことだと思います。