2015 04 09 0959

凄い! おめでとうございます! スマートフォンの動画ストリーミングサービス「TwitCasting(ツイキャス)」が1,000万ユーザーを突破したことを発表したそうです。ツイキャスが1000万ユーザー突破、動画サービスからプラットフォームへ | TechCrunch Japanという記事になっていました。

2010年2月のサービス開始から5年弱での達成となる。以下がユーザー数を示すグラフだが、サービス開始から順調にユーザー数を増やしていたが、2013年後半からはユーザーが急増。女子高生を中心にしてサービスを拡大してきた。

なんというか、感慨深いものがありますね。ぼくも旅先で利用することがあって、そうした思い出の動画も残っていたりします。

「現在海外ユーザーの割合は全体の2割ほどだが、その半数(つまり全体の1割程度)はブラジルのユーザーなんだそうだ」ということで、海外のユーザーもいるのですね。

しかし、久しぶりにサイトにアクセスしたら、マスクした女性やホスト、不登校を名乗る女子高生らがツイキャスしていて、ユーザー層も当初とは大きく変わったことを感じました。

と思ったら?

日本では「女子高生のおしゃべりツール」からスタートしたツイキャス。高画質配信にも対応してからは、政党やスポーツチーム、アーティストなど、さまざまな組織の公式配信ツールとしての役割も担いつつあるのだそう。

前には出てこないのかもしれませんが、30〜40代の利用者も増えているそうです。

今後はPRたけでなく「マーケティングやコマース関連の機能を実装していくことが予想」されるそうです。確かに、有名人の紹介した商品だったら、その場で売れることでしょう。

ちなみに、ぼくのツイキャスはコグレマサト (@kogure) さんのライブ - ツイキャスから見られます。カナダのカルガリーにマレーシアのコタキナバルに沖縄の与那国島に。

ツイキャス・ライブ - 動画やラジオの無料配信ツール App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

ツイキャス・ビュワー - ライブ動画とラジオの無料視聴ツール App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料