2014 09 30 1500

「FC2」の運営元はラスベガスということになっており、日本国内の「ホームページサービス」が運営委託先ということになっているのですが、海外法人はダミー会社として、わいせつ中継を幇助しているとして、関係先に一斉に家宅捜索に入ったそうです。「FC2」国内会社捜索=米社ダミーか、創業者ら立件視野―わいせつ中継ほう助容疑という記事になっています。

FC2のサイトでは公然わいせつや著作権侵害に当たる動画の投稿が相次いでおり、サイト運営者側に対する異例の捜査に着手した。府警などは、米ラスベガスの運営法人「FC2」はHPシステムが実質運営するダミーで、利益を得るため違法動画を放置した疑いがあると判断。FC2社創業者の日本人男性(41)や実弟(38)、HPシステム社長(39)ら数人の東京と大阪の自宅も捜索し、立件を視野に調べを進める。

ラスベガスに法人をつくるというのは、安上がりだというので、日本のネット黎明期に流行ったんですよね。確か数万円で法人が持てたんですよね。もしかすると「ファンタスティック・クピ・クピ」こと「FC2」がラスベガスに法人を作ったというのは、そういう時期に重なるのかもしれません。

ラスベガスに法人があると日本の司法が手を出しにくいからか「FC2ライブ」「FC2動画」などでわいせつな動画配信が行われるなどして、大丈夫なのかこれはという状態は長く続いていました。が、もはや放っておけないと判断されたのでしょう。

京都府警サイバー犯罪対策課など5府県警が公然わいせつほう助と風営法違反(無許可営業)の疑いで、ラスベガスの法人はダミーで、運営委託先である「ホームページシステム」が実質的な運営会社であるとして家宅捜索に入りました。会社だけでなく「FC2社創業者の日本人男性(41)や実弟(38)、HPシステム社長(39)ら数人」の自宅にも家宅捜索は入っています。

「FC2動画」会員に違法動画配信かという記事によると「会員が支払う登録料の流れや収益の実態などから、この会社が違法な動画の配信に関わっている疑いが強まった」ということです。

あまり表に出てこない「ホームページシステム」ですが、インタビュー記事が掲載されたことがありました。ネタフルでは、月間150億PV超「FC2」の開発を請け負う会社「ホームページシステム」インタビューという記事を書いていました。名前は出さず、肩書きだけでインタビューに答えていました。