2014 09 11 1053

GoogleのGmailのメールアドレスとパスワード、約500万件がロシア語のサイトに掲載されたということで、流出かとニュースになっています。Gmailアドレスとパスワード約500万件が流出かという記事になっています。

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labのニュースサービス「threatpost」によると、この情報はロシア語のビットコインセキュリティフォーラムサイトに9日夜に掲載された。メールアドレスは大部分がGmailのものだったが、Yahoo!やHotmailなどのアドレスも含まれるという。

どこからどのように流出したのかは不明ということですが、Googleでは「当社のシステムが破られた形跡はない」とコメントしているそうです。

Gmailだけでなく、Yahoo! やHotmailのメールアドレスも含まれているということなので、元はどこかのサイトのユーザ登録に使用されていた情報ということなのでしょうか。

流出したのは主に英語、スペイン語、ロシア語のアカウントの情報だったとThe Next Web(TNW)は伝えている。

自分のGmailアドレスとパスワードが流出しているか確認したい人は「Is leaked?」でチェックすることができます。該当するメールアドレスがあるかどうか、調べることができます。