2014 06 04 0908

2013年より、Yahoo!ポイントがTポイントに、T-IDがYahoo! JAPAN IDにということになっている訳ですが、ヤフーがCCCに対してウェブ閲覧履歴などを提供できるようにするよう、プライバシーポリシーを変更したそうです。ヤフーがプライバシポリシーを改定、ウェブ閲覧履歴などをCCCに提供という記事になっていました。

ヤフーではCCCに対して、ユーザーが閲覧したページや広告の履歴、ヤフーが独自の基準で分類したユーザーの興味関心分野に関する情報、ヤフーとCCCが共同で行うキャンペーンへの参加・登録情報を提供する。

CCCではヤフーから提供されたデータを「特定の個人を識別可能な情報と別に区分して管理・運用」するとしています。顧客傾向データを改善するために利用するということで、ビッグデータ的なアレでしょうか。

とはいえ、ポイントやIDが連携するのは良いけれど、ウェブ閲覧履歴や興味のある分野などの情報が提供されるのはちょっと‥‥という人もいると思いますが、そういう場合には停止するためのオプトアウトをすることができるようになっています。

オプトアウトはコチラから行うようになっています。

2014 06 04 0914

が、不備があったようで、現在は一時停止しています。既にフォームから手続きを済ませた人もいるかもしれませんが「6月3日20時40分頃までに手続きをいただいた方全ての方のご要望を承ることができません」とのことなので、注意して下さい。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

【7月1日より】Yahoo!ポイントがTポイントに、T-IDがYahoo! JAPAN IDに

Yahoo! JAPANとCCCが戦略的資本・業務提携を発表 → 「Tポイント」と「Yahoo! JAPAN ID」に統一へ

【2014年7月から】ソフトバンクポイント → Tポイント