2014 04 10 1001

2004年にスタートしたクチコミサイト「Yelp(イェルプ)」が、26番目の国として日本に進出するとして話題になっています。食べログキラーとも言われる「Yelp」ですが、CEOのインタビューがありました。食べログキラー「Yelp」が日本上陸 米イェルプのジェレミー・ストッペルマンCEOに聞くという記事です。

過去、(食べログと)同様のことが起きたことはない。我々には優れたアルゴリズムがあるからだ。口コミの質を監視するソフトウエアを自前で開発している。Yelpでは書き込まれた口コミ総量の75%しか訪問者の目には触れられないようになっている。

食べログのやらせクチコミ問題に関して、優れたアルゴリズムを持つ「Yelp」では同様の問題が起こったことがない、としています。クチコミの25%は自動的に弾かれているそうです。

また、おとり捜査のような仕組みも導入しており、業者になりすまして「お金を払ってくれれば良質な口コミを書き込みますよ」と飲食店に接触するのだそうです。もし罠に乗っかると「ペナルティとして90日間、アラートが出る」のだとか。そんなことまでしているんですね。

食べログキラーと呼ばれるようですが「我々はあらゆるローカル情報が対象だ」として、飲食店情報のみの食べログとは違うということをアピールしています。日本ではどうなるでしょうね。

Yelp App
カテゴリ: 旅行
価格: 無料

■関連記事

世界最大級の口コミサイト「Yelp」が日本上陸、実名レビューサイトは受け入れられるのか | TechCrunch Japan

日本での展開に関しては、検索も含めて言語面でハードルがあるといった話を紹介した。また、Yelpが実名を重視する点については、Facebookが日本で受け入れられていることを例に、「市場に受け入れられる」とした。

1億2000万ユーザーが使う口コミサイト「Yelp」日本上陸 CEOが語る“勝算”とは (1/2) - ITmedia ニュース

特徴とするのは「レビューの品質の高さ」だ。投稿された口コミは独自のアルゴリズムによって自動で分類し、信頼性の低いもの(同じIPアドレスから短時間に何回も投稿されたものなど)は別ページに排除。さらに、レビュアーに対して実名と顔写真の登録を推奨することで、スパムや悪意ある投稿などがユーザーの目に触れにくくしているという。