2013 12 26 1003

中国の検索大手「百度」の日本語入力ソフト「Baidu IME」と「Simeji」が、入力情報を無断で外部のサーバに送信していたことが明らかになりました。中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信という記事になっています。

アメリカのグーグルに次いで世界2位の検索サイト、中国の「百度」は、4年前から「Baidu IME(バイドゥ・アイエムイー)」という日本語の入力ソフトを無償で提供していて、おととしまでに180万回ダウンロードされるなど、利用が広がっています。

初期設定では情報を外部送信しないとなっているものの、セキュリティ会社が分析したところ、国内にある「百度」のサーバに情報送信していることが明らかになったということです。

送っている内容は、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報と、パソコン固有のID、メールや文書作成ソフトなど利用しているソフトの名前です。

入力した情報が送られているとなると、機密情報などが漏えいする危険があります。無断はもちろんいけないですし、PC固有のIDまで必要あるのかどうか。

これに関して「百度」では「ネットを使って変換の候補を表示したり、変換の精度を向上させるために利用している」と、情報を送信し、一定期間は保存していることを認めたそうです。

なお、情報送信していたのはPC向けの「Baidu IME」だけでなく、スマートフォン向けの「Simeji」も同様です。

■関連記事

中国「百度」製ソフト、入力の日本語を無断送信 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

今月中旬、IT企業の調査で、初期設定のまま使用すると、パソコン上で打ち込んだメールや検索の単語、文書編集ソフトで作成した文書など、全ての文字列が自動的に同社のサーバーに送信されていることが判明。各パソコンからサーバーに情報を集め、変換精度を向上させる「クラウド変換」を行うためとみられるが、利用規約などで説明はない。