2013 11 27 1934

Amazonが、ビデオオンデマンドサービスに参入です。「Amazonインスタント・ビデオ」を開始しています。個人的にも「Hulu」を愛用しておりますが、ビデオオンデマンドサービスは大変便利なサービスだと実感しています。

アマゾン、映像配信参入 月内にも民放ドラマなど数万本という記事になっています。

インターネット通販大手の米アマゾン社が、日本国内向けの映像配信サービスを今月中にも始めることがわかった。NHKのほかTBS、テレビ朝日など全ての在京民放キー局や、映画会社が番組や映画を提供する見通しだ。

実際のところ、電子書籍はけっこうアーカイブ性が気になりました。プラットフォームがなくなると、電子書籍を読めなくなるリスクがありますので、最もその点を重視し、現在はAmazon Kindleに落ち着いています。

「Hulu」の場合は定額の月額料金(980円)で見放題という仕組みなので、アーカイブ性は考えたことがありません。もっとも、もともとレンタルビデオという文化があるせいか、iTunes Storeでのビデオレンタルも抵抗ありません。

貸本という文化があったら、電子書籍へのスタンスがもう少し違ったのかな、なんて思いました。図書館も‥‥と思ったのですが、あれは無料なので違いますね。余談ですが。

さて、そう考えると、配信プラットフォームが増えるということは、見られるコンテンツの種類が増えると言うことで、個人的にはウェルカムな話です。

昨年10月に参入した電子書籍配信事業でも国内上位のシェアを誇る。2500万曲以上の音楽も配信している。今回、映像も加えることで、書籍・音楽・映像の3分野を手がける巨大な作品(コンテンツ)配信サイトが登場する。

つか、いきなり「パシフィック・リム」が見られるんですね!

「Amazonインスタント・ビデオ」では購入とレンタルがあり「パシフィック・リム」は購入の2,500円ですが、映画館で見逃していた人には良いでしょうか。

2013 11 27 1944

ただし、再生環境には注意が必要です。現在はパソコンとKindle Fireが対応しています。iPhone/iPadでは視聴することができません。Kindle Fireでは、ビデオをダウンロードすることが可能です。

2013 11 27 1949

第一話無料」というページもありますが、これは見てしまったら泥沼なので気をつけてください。

iPadやApple TVでも見たいので、自分としてはすぐに「Amazonインスタント・ビデオ」を利用するということはなさそうです。