2013 10 11 1723

「mixiコミュニティ」のコミュニティ名や説明などが、インターネットの検索対象となることが発表されました。インターネットから誘導する、面白い試みですね。ミクシィ、「mixiコミュニティ」の名称や説明をインターネット検索の対象にという記事になっています。

株式会社ミクシィは9日、11月中旬から「mixiコミュニティ」のコミュニティ名や説明など一部の情報を、インターネット検索の対象にすると発表した。コミュニティの管理人によりインターネット検索の設定が可能で、非公開コミュニティは検索の対象外。

mixi的にはクローズドなところをオープンにして、何か検索している人をサイト内に誘導できるとありがたい‥‥という側面もあるのでしょうが、それよりも「参加者が増えない」「投稿・閲覧数の伸び悩み」という、コミュニティ管理者の課題を解消する策として実行されるようです。

こうしたコミュニティの管理面と利用面の課題を解決するため、mixiコミュニティを検索の対象とすることで、キーワードに興味を持つ人同士をコミュニティでつなげていくとしている。

非公開のコミュニティは検索対象とはなりませんし、コミュニティ管理者が検索可能にするかどうか設定できますが‥‥

「参加条件と公開レベル」が、「だれでも参加できる(公開)」「管理人の承認が必要(公開)」となっているコミュニティのみが検索の対象

ということですので、mixi内には公開しているけどネットに向けては公開していない、という人もいるでしょうから、気になる人は今一度設定を確認しておいた方が良いかもしれません。