4575302708

イギリスで行われた元空き巣へのアンケート調査によると、約8割が「ターゲットを特定する際に、フェイスブックやツイッターを使う」と回答したそうです。投稿の際、ちょっと注意してくださいね!

そのツイート待った!空き巣が見てるかもという記事になっていました。

「秋の行楽で家を留守にしがち」「秋風を入れるために窓を開ける家が増える」などの理由から、10月は空き巣が増えるという。元空き巣によると、家を2周しただけでチェックしたポイントは「隣家との距離」「雑草の伸び具合」「物干しの順番と色」「裏戸の出入り口の汚れ」「衛星TVアンテナの有無」など36にも及ぶ。

空き巣は下調べを短時間で行い、5分程度で犯行を行うそうです。サッと現れ、サッといなくなるのですね。もう少し時間をかけて物色しているものだと思っていましたが。

興味深いのが、イギリスで行われた元空き巣へのアンケート調査の結果です。なんと約8割が「ターゲットを特定する際に、フェイスブックやツイッターを使う」と答えています。

位置情報を載せた「旅行中」「今日から1週間ハワイにいます!」などの投稿を検索し、留守にしている人を特定。

確かに、行き当たりばったりよりは、確実に留守宅を探すことができます。しかも、位置情報付きでそのような投稿をしている人は、家も「過去の投稿や名前から正確に割り出す」ことは簡単そうです。

位置情報を付けてなくとも、家の周囲の写真や普段のツイートなどからも、ある程度は割り出すことができるでしょう。みなさん、気をつけてくださいね!

職業「泥棒」年収3000万円(決してマネをしないでください)

烏山はじめ 双葉社 2010-11-17
売り上げランキング : 357564
by ヨメレバ