2012 06 15 1206

NHN JapanのLINEはプラットフォーム化してゲーム「も」提供するという記事がありました。Infinity Ventures Summitで、新たなマネタイズなどについて語られたそうです。

すでにプラットフォーム化としての着実に進み始めていて、外部アプリケーションとしては3月28日にグリーティングカードアプリのLINE Cardをリリースし、4月13日には写真交換のためのLINE Cameraを提供している。LINE Cameraは1カ月で500万ダウンロードを達成している。それ以外にも公式アカウントよばれる、有名人などのアカウントをスタートしている。LINEのテレビCMにも登場したベッキーは公式アカウントをスタートさせて、20日間で100万人を突破している。

既にワールドワイドでは4,000万人、日本国内でも1,800万人が使っている「LINE」でして、いずれプラットフォーム化するんだろうと思っていたのですが、いよいよその時がやってくるみたいですね。

7月3日に今後の方向性を発表する予定だがと前置きしながらも、森川氏はまずはLINEをプラットフォームとした「ゲームをやろうと思っています」と語った。

まずは、ゲームが導入されることが予告されました。ゲーム「も」ということなので、恐らくは普通にSNSのような機能も導入されていくのでしょうね。

大学生が最も使うスマートフォンアプリはFacebookとLINEという話もありまして、チャットを中心としたSNSに進化していくのは不思議なことではありません。

日本ではmixiの不振が伝えられ、代わってFacebookが盛り上がっていますが、そこにLINEが割って入る可能性は十分にありますよね。もしかすると、NHNがmixiを買収したりとか!?

Hello, Friends In Tokyo 2012」というカンファレンスが2012年7月3日に渋谷ヒカリエで開催されるのですが、今から楽しみです。

ネタフルでは次のような記事も書いています。

「LINE」記事まとめ(導入→通話→チャット→スタンプ→アプリ→パソコン版→Tips→ユーザ動向etc.)

LINE App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

LINE camera App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

LINE Card App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

できるポケット LINE 公式ガイド スマートに使いこなす基本&活用ワザ 100

4844332155