2012 05 10 1612

ソフトバンクとPayPal、合弁会社を設立だそうです。PayPalは国内外で使える、オンライン決済サービスです。孫社長、本当に目の付け所が良いですね‥‥。

ソフトバンクとPayPal(ペイパル)は9日、日本国内で50%ずつ出資して合弁会社を設立すると発表した。同日午前、都内で記者会見が開催され、ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏、eBay CEOのジョン・ドナホー氏、PayPal代表のデイヴィッド・マーカス氏が出席した。

合弁会社は、PayPalの現日本法人と同名の「PayPal Japan」となるそうです。

新しい「PayPal Japan」では、スマートフォン活用の小売店向け決済ソリューション「PayPal Here」を提供していくということです。

2012 05 10 1620

iPhoneのイヤフォンジャックにカードリーダを装着し、クレジットカード決済をすることが可能になります。

クレジットカードやデビットカード、PayPalアカウントでも決済でき、代金は即時に店舗の口座に振り込まれる。

即振込!!

アダプタは1,200円でソフトバンクショップで販売されるそうです。

「PayPal Here」にどんなメリットがあるかというと‥‥

スマートフォンがクレジットカードリーダーにできるとして、従来のクレジットカード決済システムと比べ、安価な導入・運用が可能とされ、中小規模の小売店での導入が見込まれている。

といったあたりなんでしょうね。気になる手数料は5%です。

一般的なクレジットカードの導入にかかる費用として「導入コスト(CATと呼ばれる決済用端末の費用)が10万円前後、カード会社からの支払まで15日~30日、決済手数料5~8%」

既存のクレジットカード導入に比べると、かなり敷居は低くなります。

「リアル店舗でPayPalアカウントで支払える」というのは、なかなか面白いですね。ぼくもPayPalは利用していますが、海外サービスの支払いが便利です。

2012 05 10 1632

これをリアルの場でどう利用するかというと、スマートフォンアプリで「チェックイン」という操作をするそうです。

こうすることで、店舗側のアカウントからは「今、このお店にいる人のPayPalアカウント」が把握できることになり、商品購入時にチェックインを行い、さらに「PayPalで支払う」と伝えれば、店舗側は支払方法で「PayPal」を選択、アプリ上に表示されるユーザーの顔写真と購入しようとしている本人を照合して、PayPalアカウントで決済する。

これだとサインも必要なくなる訳ですね。

ソフトバンクの営業力でガンガン導入していくことになるのだと思いますが、どんな風に世の中は変わっていくでしょうねぇ。

「おサイフケータイの決済額はとても少額。チャージや機種変更などが面倒で、あまり使われていないのが実態ではないか。PayPal Hereはクレジットカードがそのまま利用でき100円でも何万円の買い物でも利用できる」と孫社長。

同種のサービスとしては「Square」があったのですが、日本では「PayPal Here」ということになりそうですね。

■関連記事

「財布を持ち歩くのはかっこ悪いという時代がくる」──リアルを狙うソフトバンクとPayPal提携 - ITmedia ニュース

ソフトバンクは、ソフトバンクショップや法人営業網を活用して全国の店舗にPayPal Hereの普及を進めていく。「一気に100万、200万まで増やしていきたい」(孫社長)

孫社長、ペイパルとの提携は「4度目の正直」--国内でのカード決済普及へ - CNET Japan

「馴染みの客は顔パスだけでコーヒーが飲める、洋服が買えるということになると、これはもう支払いの革命が起きたということ。日本でガラパゴス的に発生したおサイフケータイは非常に一時的なビジネスモデルだったと、いまから5~10年後にいわれるようになる」(孫氏)