2012 03 29 1536

2ちゃんねる管理会社、実体なし…日本で運営かという記事がありました。「2ちゃんねる」の管理会社とされるシンガポール企業は、ペーパーカンパニーだった、と。

覚醒剤売買に関する書き込みを放置したとして、インターネット掲示板「2ちゃんねる」の関係先が警視庁の捜索を受けた事件で、掲示板の管理会社とされるシンガポール企業は、実体がないペーパーカンパニーだったことが現地での取材でわかった。

えーと‥‥どこにつっこんで良いのでしょうか‥‥これは「知ってた」というヤツなんでしょうかね。

しかし、このビルに入っていたのは会社の連絡代行サービスを行う「リクビン」社。受付の女性は「パケット社の事務所はここだが、社員は一人もいない」と告げた。年間約700シンガポールドル(約4万6000円)でパケット社の連絡業務を代行しているといい、リクビン社幹部は「バーチャル(仮想の)オフィスだよ」と笑った。

ラスベガスあたりで登記している会社も、けっこうバーチャルオフィスだったりすることがあるみたいなのですが「2ちゃんねる」もシンガポールのバーチャルオフィスを利用していた、ということなのですね。

2ちゃんねるの元管理人の西村博之氏(35)の著書などによると、2ちゃんねるは2009年にパケット社に譲渡され、現在はパケット社が掲示板を運営しているという。

となると、誰が「2ちゃんねる」を管理・運営しているのか、ということになるのでしょうね。

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)

459405952X