2012 02 08 1630

にわかに日本でも脚光を浴びている「Pinterest」ですが、早くも月間1,000万ユニークユーザを突破したというニュースがありました。

Pinterest、どこよりも早く月間1000万ユニークユーザー達成という記事になっています。

comScoreによると、平均的Pinterestユーザーは月間98分をサイト上で過ごす。Tumblrが2.5時間、Facebookが7時間だ。Google+や、新しいYahooチャンネルのように、元からユーザー基盤を持つサイトを除けば、Pinterestはあらゆるサイトを通じて、最も早く月間ユニーク1000万を越えたことになる。

ぼくも「Pinterest」はユーザ登録してみましたが、正直、まだ楽しさがよく分からないでいます。美しい写真を見るのが好きな人には、とっても良いサイトだと思います。

で、そんな「Pinterest」を分析している記事がこちら。

Pinterestを使ってトラフィックと売り上げを伸ばすための11のアイディア | ソーシャルメディアマーケティングラボ

Pinterestは、訪問者数が急増しているだけではなく、その他サイトへビジターを誘導する「窓口」としての役目が、その他のSNSサイトに比べて高いようです。

以前から言われていることですが「ユーザーの80%が女性である」という特徴があります。女性が多いです。

さらに「サイト再訪率が高く、滞在時間が長い」という特徴もあるのですが、料理の写真を見て夕飯のレシピを考える、みたいな使い方があるそうです。

というところで「Pinterestを使ってトラフィックと売り上げをのばすための11のアイディア」と「Pinterestをマーケティングに活用する3つのポイント」もまとめられています。

1)ウィッシュリスト
2)活用レシピ紹介
3)オンラインカタログ
4)広告・アートワークの紹介
5)ライフイベントの提案
6)限定商品
7)イベントや新製品の告知
8)インフォグラフィック
9)使用方法の紹介
10)クーポンやQRコードの配布
11)人気コンテンツを使った関心度の高いコミュニティの生成

基本、きれいな写真を眺めるだけのサイトのように思うのですが、他のサイトへの窓口として機能していると聞くと、不思議な導線の気がします。

「Pinterest」ってなんなのよ? という方は、ぜひご一読を。