2012 01 25 0953

「Google+」で、実名以外のユーザ名の利用も可能になることがブラッドリー・ホロヴィッツより発表されました。Google+、実名以外のユーザー名を許容―ただし「すでに広く認められた名前に限る」という記事になっています。

Google+における従来の「実名主義」の方針は、さまざまな議論を呼び起こした。これに対してGoogle自身も「さまざまなユースケースに対応できるよう〔方針を〕修正する必要がある」と認めていた。

ただし、誰でも彼でも好き勝手なユーザ名でアカウントを開設できるようになる、ということではありません。

例えば有名人、例としてMadonnaが挙げられているそうですが「実生活で広く利用されている名前を容認しようというのがGoogleの意図」だそうです。

またGoogle+管理チームがユーザー名を不当として許可しなかった場合でも、ユーザーがその名前がオンラインないしオフラインで「広く認められている」ことを証明できれば、利用が許可されるという。ただしオンラインの名前の場合、相当数のフォロワーが存在することが必要だ。

どのように証明するか難しいところですが、例えばツイッターなど他のサービスでの実績で、ということになるのでしょうかね。

Googleのブラッドリー・ホロヴィッツによれば、実名以外の名前を利用したいと要望するユーザーは0.1%程度だという。そのうち60%は本名に加えてニックネームを追加したいというもの。 20%はビジネス用途で本来Google+ページを利用すべきもの。20%は実名に代えて別名を利用したいというものだという。

確かに、ツイッターなど匿名文化のあるサービスで知りあった人と、FacebookやGoogle+で繋がる場合は、アイコン以外に判断が難しいのですよね。「本名に加えてニックネームを追加したい」というニーズも頷けます。

できるポケット Google+ グーグルプラス スマートに使いこなす基本&活用ワザ 70

4844330993