2011-07-20_1005.png

Googleウェブマスターツールで「+1」効果を確認する方法が紹介されていたので試してみました。

Inside Adsense - 日本語: Google ウェブマスター ツールと Google アナリティクスで「+1」の効果を確認できますという記事です。

あるユーザーが +1 ボタンを押すと、その情報はそのユーザーにつながっている友人達の間で共有され、検索結果に表示されます。そうした友人間のおすすめ情報は、きっと検索結果からどのサイトを閲覧しようかを決める際の貴重な参考となるでしょう。つまり、+1 ボタンによって、友人達があなたのサイトについてあなたに代わりおすすめしてくれることになります。

Googleアナリティクスでも確認できるということですが、とりあえずGoogleウェブマスターツールで確認してみました。

2011-07-20_1007.png

画面左のダッシュボードのところに「+1統計情報」という項目が加わっていました。

それぞれ、次のような意味があるそうです。

検索への影響では、検索結果からの集客に「+1」がどう影響しているかを確認できます。+1 による友人からのおすすめ情報が検索結果にある場合とない場合とで、クリック数や表示回数を比較できますので +1 ボタンを押された場合にクリック率が変化しているかどうかがわかります。クリック率 の変化の統計は、比較が行えるだけの表示回数がある場合のみ表示されます。
アクティビティは、サイト内、あるいは他のページ(Google 検索など)で、あなたのページに対し何回 +1 ボタンが押されたかが表示されます。
対象にはページの +1 ボタンを押した Google ユーザーの地域情報やユーザー情報が表示されます。プライバシー保護のため、一定以上の人数のユーザーが +1 ボタンを押した場合にのみ、この情報は表示されます。

2011-07-20_1010.png

まだネタフルではそれほど「+1」がクリックされていないため、それほど影響はないようです。