2011-05-26_1025.png

デジタルガレージが、次は「LinkedIn」を日本に持ってくるようです。「LinkedIn」はビジネスに特化したSNSです。

LinkedIn、デジタルガレージと組んで国内展開 年内に日本語版という記事になっています。

デジタルガレージは5月25日、ビジネスパーソン向けSNS「LinkedIn」を運営する米LinkedInと提携し、同SNSの国内マーケティングを支援すると発表した。同SNSは年内に日本語版をオープンする予定。

2011年中に「LinkedIn」日本語版が開設されるということです。

ビジネスに特化したSNSということで、リクルーティングなどに活用されているようですよ。日本でも仕事探し、人材探しに「LinkedIn」が使われるようになるかも?

2011年3月にユーザ数は1億人を突破、200万社が企業ページを持っているそうです。

「日本にはさまざまなソーシャルネットワークサービスがありますが、LinkedInのようなプロフェッショナル向けのものは皆無に等しい」とデジタルガレージ共同創業者の伊藤穰一氏はコメントしています。