Googleウェブマスターが選んだ2010年のベストロゴ10&番外編という記事より。

「2010年はゲームとして遊べるものやインタラクティブなもの、動画を使ったものなど、新しい試みがたくさん生まれた年でした。Doodle 4 Googleの日本開催や、はやぶさなどの日本にフォーカスしたロゴを通して、日本のユーザーの皆さんにDoodleをより身近に感じてもらえるようになった1年だったのではないかと思っています。Googleのロゴギャラリーでは世界中の過去のDoodleが見られるので、ぜひ1年を振り返ってみていただければと思います」

Googleのロゴデザインを担当する、Googleシニアウェブマスターの川島優志氏が、2010年のGoogleロゴを振り返っています。

2010-12-28_1156.png

記事では、川島優志氏が選ぶ2010年のベスト10作品が、コメントと共に紹介されています。

確かに2010年は、ゲームが遊べるインタラクティブなロゴがあったり、動画が登場したり、ユニークなホリデーロゴが多かったですね。

ネタフルでも「Googleロゴ」というカテゴリーでまとめています。

特に、

Googleロゴ「赤塚不二夫」に
Googleロゴ「五山送り火」に
Googleロゴ「はやぶさ(探査機)」に
Googleロゴ「黒澤明」に
Googleロゴ「夏目漱石」に

など、日本に関係したものは印象に残っていますね。