地上波ラジオの同時ネット配信「radiko」、12月に会社を設立し本格運用開始という記事より。

ラジオ番組をインターネットで楽しめる試験配信中のサービス「radiko(ラジコ)」について、文化放送の三木明博社長は19日の会見で、試験配信に参加している京阪のラジオ局など14社で近く株式会社を発足させ、12月にラジコの本格運用を始めることを明らかにした。

おおお、きましたね!

ラジオをインターネットで試験配信している「radiko」が、12月に新会社を設立して本格運用に入ることが発表されています。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

「radiko.jp」ネットでラジオ、いいんじゃない?
「radiko.app」radikoを聞くためのMac用ソフト
「radiko」をDashboardウィジェット化すると超便利!
「radiko player」Google Chromeでrdikoを聴く機能拡張
iPhone向けradikoアプリ登場「iRadiko」「ラジ朗」
「radiko」最初の1週間で523万配信
「radiko」はラジオの子供で“ラジコ”
ウェブブラウザなしでradikoが聴ける「radikoガジェット」

試験放送が続いていた訳ですが「効果アリ」という判断が下されたということですよね。

「ラジオってどうやって聞くの?」という世代もいたと思うんですが、ラジオ人口も増えたんじゃないですかねー。ぼくも時々聞くようになってますし。

新規参入の放送局には「希望が来ているので、取り扱いをどうするかも合わせて話し合う」ということです。

■関連記事

ネットでラジオ楽しめる「ラジコ」、12月から本格運用開始

ラジコは、3月15日から首都圏や関西の一部地域を対象に始まったインターネット上のラジオ放送サービス。ニッポン放送や文化放送など在京ラジオ7局、ラジオ大阪やFM802など在阪ラジオ6局が、CMも含めて地上波と同じラジオ放送を配信し、人気を集めている。試験配信は当初は8月末で終了予定だったが、11月末まで延長していた。