Dropboxを開発したのは、僕自身が一番欲しかったからという、Dropbox創業者へのインタビュー記事がありました。

3年前、2人の若者が起業したオンライン・ストレージサービスが、今や400万人のユーザーを抱える一大ビジネスに成長した。急成長の秘密は、ウェブ上での面倒なログイン操作なしでデータを同期できる抜群の使い勝手にある。そのアイデアが湧いたのは、愛用のUSBメモリーを壊したことがきっかけだったという。

インタビューに答えているのは、CEOのドリュー・ヒューストン氏です。ざっくりと気になるところをピックアップしておきます。

・ユーザ数は400万人
・アメリカが1/3、日本は4番目で約5%(=20万人)
・USBメモリを壊したことがきっかけ
・自分の欲しいストレージサービスとして作った
・最新の暗号規格「AES(256ビット版)」でセキュリティ対策
・USBメモリは落とすリスクがある
・iPod/iPad/Androidなどは100万ダウンロード以上
・日本語バージョンは前向き

Dropboxは以前から愛用しております。他にもオンラインストレージサービスは試してみたのですが、使い勝手から結局、Dropboxに戻っています。

ネタフルでは次のような記事を書いていますので、参考になれば幸いです。

ファイル共有・同期サービス「Dropbox」正式公開!
「GoodReader」と「DropBox」と「i文庫HD」の連携が超便利そう[iPad]
iPad「クラウド三種の神器」はDropbox/GoodReader/Evernote
メール添付でDropBoxにファイルを送信する「send to dropbox」
ペーパーレスを実現するためのウェブサービスとドキュメントスキャナーとiPhoneアプリ