米アマゾン通販、電子書籍販売冊数がハードカバー本抜くという記事より。

米ネット通販大手アマゾンは19日、同社の通販サイトでの電子書籍の販売冊数が、ハードカバーを抜いたと発表した。

アメリカのAmazonが、電子書籍の冊数がハードカバーを抜いたと発表しています。ハードカバーであって紙の本ではないところは、注意が必要です。

アマゾンの通販サイトでは現在、63万タイトル超の電子書籍をそろえる。今年上半期の電子書籍の売れ行きは昨年の3倍以上という。

Kindle、iPad/iPhoneなどに本をダウンロードして読む、というスタイルが浸透中なのですね。

米出版者協会によると、5月の電子書籍の米国での売上高は前年同月の約2.6倍に当たる2930万ドル(約25億5千万円)。同月までの5カ月間では、電子書籍に進出した大手出版社13社の売り上げに、電子書籍が占める割合は8.5%という。

日本はどうなっていくのでしょうかね。普通にiPhoneやiPadで電子書籍を購入し、読めるような世界になると嬉しいのですが。

先日も、iPhoneアプリの「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んだら、非常に読みやすかったのですよ。また電子書籍を購入しようと思っています。