2010-06-02_1553.png

Flashを分解してHTML5+JavaScriptで再構築する「Smokescreen」というライブラリが開発中だそうです。

動画:FlashをHTML5に自動変換するSmokescreen、iPadでも動作というエントリーで紹介されています。

具体的にはフラッシュのswfファイルを読み込み、中にあるスクリプトデータをJavaScriptに変換、画像データと音声データも抽出し、HTML5として再構成してウェブページ内にロードするという荒技にもほどがあるつくりです。

すごいことを考えますね。実際にそんなことができてしまうのですね。

Smokescreen自身はJavaScriptで構成されていますので、利用するにはウェブページ側でSmokescreenを読みこむよう準備しておくだけ。ユーザ側で特別な準備は不要ですし、アプリではないのでApp Store検閲の心配もありません。

まだ変換は限定的な機能に留まるということですが「iPad」でデモしているので、iPhone含め今後に期待です。

コチラでデモを確認することができます。確かに動いている!