楽天:社内公用語を英語に 1~3月期は過去最高益という記事より。

楽天の三木谷浩史社長は13日、社内の公用語を英語にしたことを明らかにした。経営会議から始め、一般業務の会議も英語にしつつある。

楽天の社内公用語が英語になったそうです。三木谷社長が明らかにしています。

誰も彼もが英語で会話しているのかと思いきや、まずは経営会議からだったようですね。そして最近では一般業務の会議にも、と。

「サービス会社で世界で成功した会社があまりないのは、英語が話せないことが問題ではないか。コミュニケーションを英語にすることで本社を国際化する」と三木谷社長。

楽天社内の人たちは、どのように感じているのでしょうね。英会話学校に通い始めたりしているのでしょうか。

もし自分が、会社では英語で会話しなくてはならない、となったらどうするかなぁ。必死に覚えるか転職するか、という感じなのかなぁ。