2010-04-19_1442.png

横須賀市東部漁協横須賀支所夕市会(東部漁協夕市会)が、東京湾で水揚げされた魚を船上で受注し、12時間以内に届けるというサイトを開設しています。

東京湾の船上で漁師がネット直売、水揚げ後12時間で活魚を食卓へによれば「携帯電話で船上から受注状況を確認。帰港後に発注処理を行う」ことで、市場をショートカットしてダイレクトに届く仕組みになっています。

2010-04-19_1447.png

メニューは、シケの日を除く毎朝、漁師が船上からその日の目玉となる漁獲物を出品する。魚は写真や動画で確認することが可能。午前9時までに発注すると、関東圏内のユーザーに対しては当日中に届ける。

漁師さんも慌ただしいのではないかと思いますが、面白い取り組みですね。値段次第ですが、取り立ての魚は食べたいですよ。

ただ、サイトを見ても送料など詳しいことが書いてないので、なんとなく注文しやすい感じではありませんね。

@yoshieimaruというツイッターアカウントもあるので、こちらで獲れた魚の情報が流れると良いですね。

■関連記事

東京湾の船上から、漁師が魚をネット直販

同会の漁師が船上から毎朝、その日の目玉となる漁獲物を出品。ユーザーは写真や動画を見て魚を購入できる。配送は関東圏内が対象だが、午前9時まで注文すると、当日のうちに届くという。