2010-04-15_1029.png

サービス開始から6年、SNS「mixi」のユーザ数が2,000万人を突破したと発表しています。

「mixi」2000万ユーザー突破 「世界のSNS競争は始まったばかり」と笠原社長という記事になっています。

ミクシィは4月14日、SNS「mixi」のユーザー数が2000万人を突破したことを発表した。2004年2月のサービス開始から6年、07年5月の1000万人突破から3年で達成。

数字の上では、日本人の6人に1人くらいが「mixi」のユーザということになります。

ここ2年ほど20〜30万人で落ち着いていた月間増加数が、登録制のスタート、テレビCM、mixiアプリなどの影響で74万人に急増したそうです。

笠原社長の写真もありますが、昔のまま、変わらない雰囲気で安心できますね。

Twitterユーザーが拡大しており、「Twitterを始めてからmixiへのログインが減った」という声もある。笠原社長は「Twitterのオープン性はすばらしいと思う」とした上で、つぶやきをネット全体に公開することが前提のTwitterと、マイミクのみに公開できる「mixiボイス」は「中長期的には住み分けられる」とみている。

確かに「mixi」には、ほとんどアクセスしなくなってしまいました。が、退会するという程でもないんですよね。

■関連記事

mixiのユーザー数、2000万人突破

笠原健治社長は「『mixi』がコミュニケーションのインフラとして、より多くの方々の生活に深く関わるコミュニケーションサービスとなったことを示しているのではないかと、大変うれしく思っております」とコメント。

mixiが2000万ユーザー突破-- 6年間の軌跡を振り返る

2000万人という数字は、たとえばオーストラリアやルーマニア、スリランカなどの人口と同規模。日本の携帯電話キャリアの加入者数と比べると、ソフトバンクモバイル(約2187万人、2010年3月末)に近い。