マイクロソフト、「Bing」導入で検索シェア増加という記事より。

Reutersが報じたStatcounterのデータによると、検索市場でのMicrosoftのシェアは、Bingをローンチする前の7.81%から、6月の8.23%へと増加したという。

検索市場におけるマイクロソフトのシェアが「Bing」のお陰で増加したそうです。具体的には「Bing」ローンチ前の7.81%から、6月の8.23%へと増加しています。

検索市場でのGoogleのシェアは、5月の圧倒的な78.72%から6月の78.48%へとやや減少した。この減少はBingの成功への少なからぬ報道によるものだが、Googleにとって大きな懸念にはならないだろうとみられている。

Googleにとってはとるに足らない数パーセントかもしれませんが、マイクロソフトにとっては重要な一歩かもしれません。

確かに、ネタフルへの検索エンジン経由のアクセスも「Bing」からのものが意外に増えているのです。

ということで、日本語でも使えますので、興味のある人は「Bing」を試してみてください。