ウェザーニューズが空用ライブカメラを1000台へ拡大、設置者募集という記事より。

株式会社ウェザーニューズは18日、気象監視用ライブカメラの設置参加者を募集開始した。応募対象は、携気象情報サイト「ウェザーニュース」携帯版の有料会員(月額315円)で、採用は500人。

「iPhone」アプリにも「ウェザーニュースタッチ」がありまして、全国のライブカメラの映像を見られるようになっているのです。

そこに浦和のものがあって「これはどこに設置されているカメラなんだろう?」と思っていたのですが、既に全国で500人が設置しているのだとか。

そうか、あのカメラは一般の人が設置しているかもしれないのか!

ウェザーニューズは、「今夏に予想される台風やゲリラ雷雨に備え、刻々と変化する空をリアルタイムで監視できるライブカメラ観測網を拡大することにした」と説明。今回は、全国からライブカメラ設置参加者500人を募集し、これまでに設置した500台と合わせ、合計1000台まで拡大する。

ブロードバンド環境が必要などいくつかの条件がありますが、マンションに住んでいる人だと良い映像が送れたりしそうですねー。