総務省がストリートビュー合法の見解という記事より。

総務省は22日、米インターネット検索大手グーグルが提供する地図と写真を組み合わせたサービス「ストリートビュー」について、個人情報保護法違反には当たらないとする見解をまとめた。

ナンバーぼかし、カメラの高さを下げて再撮影すると発表されたいた「Googleストリートビュー」でしたが、総務省が初めて、個人情報保護法違反には当たらないという見解をまとめたそうです。

総務省の作業部会は同日、住居の外観や自動車のナンバープレートが写真に写っていても「個人の識別性がなく、個人情報には該当しない」と判断した。プライバシーや肖像権についても「(人の顔などに)ぼかし処理を施すなど適切な配慮がなされている限り、サービスの大部分は違法となることはない」と指摘。

サービス自体を停止することなく、個別の事案で対処すべし、ということだそうです。

このサービスをめぐっては、プライバシー侵害の恐れがあるとして東京都町田市議会や奈良県生駒市議会などが国に法規制を要望していた。

今後はパブリックコメントのような形になるのでしょうかね、一般からの意見を募集した上で、8月に正式な判断がまとめられるということです。

■関連エントリー

「Googleマップ」ストリートビュー日本版が開始!
「Googleストリートビュー」中止を要請される
「ストリートビュー」プライバシー問題は“報告”で対処
「Googleストリートビュー」ナンバーぼかし、カメラの高さを下げて再撮影などを発表