2009-06-03_1645.png

1ヶ月前からサービス停止中となっている「ゆびとま」こと「この指とまれ!」が、サービスの管理業務を「ゆびとま再建委員会」に移管することを発表しています。

ゆびとま - Wikipediaなどを見ると「創業者である小久保徳子が長崎県知事選に出馬している最中に、経営の実権を暴力団関係者らに握られていた」など、きなくさいトラブルもあった「ゆびとま」でしたが、今回のサービス停止も不可思議です。

「甚大なトラブルが発生したことにより、しばらくサービスを停止させて頂きます」ということで、ハードウェアやソフトウェアのトラブルでないような気がしていたのですが、今回のアナウンスでは「株式会社この指とまれ による障害復旧が困難な状態であると判断」となっています。

それにしても、いきなり登場した「ゆびとま再建委員会」とは何者なのでしょうか。

このたびのサービス停止からの復旧と今後のさらなるサービス改善のために協力して頂いている複数の企業、および当サービスを日頃よりご利用頂いております数名のヘビーユーザの方々によって構成された組織

謎が謎を呼ぶ書き方です。

「復旧作業が長期化する場合も想定し、旧システムを破棄し、全く新しいシステムを新たに開発してサービスを移管することも視野に、同時並行で作業を進めており」というあたり、そんなに簡単に新しいシステムが開発できるのかと思いきや、6月14日にはサービス再開の見込みだそうです。

なんとなく、舞台裏ではいろいろなことがあったんじゃないかと‥‥想像しちゃったりしますね。

「個人情報を含めたすべてのデータは委員会にて完全に保全致しております」ということですが、サービスが再開されたら、とりあえず退会しようと思います。実際のところ、ほとんど使ってはいなかったので。